近年、洗濯物は天気が良い日でもプライバシーの問題もあり、洗濯物を室内に干すことが多くなったのではないでしょうか。

しかし、そこで気になるのは、やはり臭いです。

室内ではなかなか乾かないので、太陽のもとで乾燥させたようなすっきり感は無く、なんかかび臭いこともあります。

もちろん、電気やガス乾燥機で強制的にさっさと乾燥させてしまう方法もありますが、経済的に余裕があるならともかく、できれば自然乾燥にしたいものです。

また、部屋干しでも臭くならないことを謳った洗剤もたくさん出ていますが、あまり効果を実感できないと言う声も聞こえてきます。

洗濯物が臭う原因

さて、洗濯物が臭くなってしまう原因は何でしょうか。

ザックリ考えて、

1)汚れが十分に落ちず、乾燥するのに時間がかかったために雑菌が繁殖して臭いを発している

2)タバコとか加齢臭が浸み込んでしまっている

たぶん、これが大半ではないかと思いますが、洗濯時にADパウダーを入れて洗濯すれば一気に解決します。

ADパウダーは、ホタテ貝から生まれた天然素材100%の抗菌消臭剤です。

洗剤にほんの少し追加するだけで汚れ落ちが良くなり、部屋干ししても臭いがしなくなります。

信じられないかも知れませんが本当です。

ADパウダーの使い方

使い方は、いつも使っている洗剤にADパウダーを1グラム(小さじ1杯)を洗濯槽に入れます。

あとは通常通り洗濯してください。

そして部屋干しをしてみてください。

何の臭いもしないことに気がつくはずです。

なぜ臭いがしなくなったのでしょうか。

汚れ落ちが良くなり、臭いを発する雑菌類が死んでしまったか、いなくなってしまったことが理由です。

この試験結果をご覧ください。

汗の臭いや加齢臭、或いは靴の臭いなどが速やかに消えていることが分かります。

また、細菌類に対する抗菌力についても素晴らしいものがあります。

一般的に存在する黄色ブドウ球菌やMRSA・モルガン菌などだけでなく、インフルエンザウイルスにも効果があることが分かっています。

現在流行しているコロナウイルスが衣服に付着していたとしても、洗ってしまえば大丈夫なはずです。

洗濯槽もキレイになる

他にも注目していただきたい点は、ADパウダーを使っていると洗濯槽が徐々にきれいになっていくことです。

洗濯槽の内側は見えませんし、掃除ができないのですが、たぶん黒カビで真っ黒です。

ですが、ADパウダーを加えるだけでどんどん消えていきます。

黒カビが発生しない

写真をご覧ください。

1ヶ月経過したフィルターには、黒カビは一切付いておらずきれいなままです。

フィルターが黒くならない

繰り返し使えるADペレットもあります

ADパウダーをペレット状に固めて繰り返し使えるようにした製品もあります。

約30回使えますので、三日に一度の洗濯なら3ヶ月、週に一回なら半年以上は使えます。

ネットに入っているのでそのまま洗濯槽に放り込むだけでOK。

まとめ

洗濯物を部屋干しして、臭いがするようでは洗ったことにはなりません。

色々な洗剤を試すより、まずADパウダー、ADペレットを使ってみてください。

(関連記事)

【黒カビなし】面倒なお風呂掃除を短時間でより清潔にする方法