今回も、命に係わるワクチンの情報をTwitterから拾ってお届けします。

最近では、Twitterをイーロンマスクが買収したことで、闇に葬られていた情報が表にでてきました。

これらは陰謀論と呼ばれ、相手にしないように、とされていたものです。

でも、やっぱりそれは真実だったのです。

さて、私は日本政府と言うのはたぶん存在しない、と常々思っていいます。

政府与党である自民党は、選挙のたびに「国民の命と財産を守る」なんてほざいていますが、やっていることは真逆。

これを覚えてますか。

私は、これが自民党の本質をだと思っています。

本来なら国会議員は、率先して災害対策に当たらねばならない立場なはずなのに、大水害の最中に大宴会をする神経は、もはや常人のものではありません。

そして、今回のコロナ騒動でも怪しげな行動ばかりが目立ちます。

特に、ワクチン接種には大きな疑問どころか、殺意さえ感じる人も多いのではないでしょうか。

ワクチン接種3回目、4回目、5回目と急激に超過死亡が増えているのがデータとしてハッキリと出ているわけです。

それなのに、ワクチン打て打ての大合唱。

厚労省にはワクチン接種を止める気などさらさらありません。

このデータを見たら、とてもじゃないですがワクチンなんて打てません。

打ったら死ぬかも知れない。

しかも、これをマスコミはほとんど報道しません。

なぜでしょうか。

こんなに急に、脳卒中や心臓発作が起きますか?

日本人の8割以上がワクチンを打っているのですから、それが原因で具合の悪い人が増えているのでは?、そう思うのが普通でしょう。

加えて、死者も凄いことになっています。

未確定情報ですが、医者が「コロナ死」と判定すると50万円もらえるとの噂があります。

これが本当だとすると、何でもかんでもコロナ死にしてしまう可能性があります。

つまりは、コロナ死は作られた話になるわけです。

これはアメリカでも同じらしい。

すべては金か。

https://twitter.com/kazumarugou/status/1613386618362286083

そして、WHOの不審な動き。

なんで日本にWHOの組織が必要なんだ。

いずれにしてもワクチンなんて効果はありません。

この現状を見れば明らかです。

そして、以下の動画を見てください。

EU議会が、ワクチン疑惑について追及してます。

日本でもいずれそうなるでしょう。