自然エネルギー利用は未来の生活のために

【逃げる?】原子炉格納容器の水位が30センチ低下ってヤバくない?

2021/04/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
ライフLABO(とちぎエネット)代表 太陽熱利用アドバイザー 真空管式太陽熱温水器を使った給湯や暖房で省エネ生活実践中。趣味は家庭菜園と季節のジャムづくり 栃木県在住。

#原発 #放射能 #地震

 

2月13日の地震は、大田原でも震度5強とかなり強かった。

地震があると心配になるのは、直線距離で100kmもない福島第一原発。あれから10年経って少しづつ忘れかけてきてはいるが、地震があるたびに思い出すことになる。

忘れていけないのは、放射能汚染の緊急事態宣言はまだ継続中なのであること。

 

加えてコロナ、我々はとんでもない国に住んでいることを努々忘れてはいけないのです。

 

原子炉格納容器の水位30センチ以上低下 福島第一原発1、3号機で 震度6弱の地震の影響か

東京電力は19日、事故収束作業を続けている福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)の1、3号機で、原子炉格納容器内の水位が30センチ以上低下し、1日数センチのペースで続いていると発表した。13日夜に両町で観測された震度6弱の地震の影響で、10年前の事故で損傷した部分が広がり、原子炉建屋内に漏れ出る量が増えているとみられる。

炉内には事故で溶け落ちた核燃料(デブリ)が残っており、冷却のため1時間3トンの注水を継続。注水量を増やすことを検討している。原子炉の温度や、周囲の放射線量に変化はない。
 東電によると、1号機で15日から、3号機で17日以降に、それぞれの格納容器内の温度計の一部で測定温度が低下。温度計が水につかっていないと判断し、水位低下と結論付けた。
 温度計の位置から、1号機で1.9メートルの水位が40~70センチ低下し、3号機も6.3メートルあった水位が約30センチ下がったとみられる。
 1~3号機では10年前に起きたメルトダウン(炉心溶融)で、格納容器に複数の損傷を確認済み。デブリなどに触れた水は損傷部分から建屋内に漏れ、高濃度汚染水が発生している。(小野沢健太、福岡範行)
>原子炉の温度や、周囲の放射線量に変化はない。
そんなことを言われても、嘘と隠ぺいの東京電力なんてとてもではないが信用のできる会社ではない。
あれだけの事故を起こしておいて、責任はもとより被害者にろくな補償もしていないのだから。

 

 

国のトップが、「異常の報告が無いから全て正常」だなんて何を能天気なことを言ってるのか。

原子炉の格納容器がぶっ壊れているんですよ。

 

震度6の地震で異常が出ないはずがない、「もっと綿密に調べなおせ」と強い指示を出すべきだ。

そして、6日後に「水位低下してました」だなんてふざけている。

もう一度強い地震が来たら・・・

 

 

もう日本の終わりどころか世界の終わりが来るかもしれない。

愚かです。

 

そういえば、この間の地震が深夜だったので懐中電灯が売り切れだそうです。

無駄かも知れませんが、早めに手に入れておいた方が良いでしょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
ライフLABO(とちぎエネット)代表 太陽熱利用アドバイザー 真空管式太陽熱温水器を使った給湯や暖房で省エネ生活実践中。趣味は家庭菜園と季節のジャムづくり 栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2021 All Rights Reserved.