今日は8月6日。

ここ数日夕立がなく、35℃以上の極めて暑い日が続いています。

コロナも大変な事態になっていますが、命に係ることなので、まずは感染しないように心がけをしなければなりません。

さて、こんな出かけることにリスクがあるので状況では自粛されている方も多いと思います。

私の場合は、日中の暑い時間帯を避けて家庭菜園でをやってます。

野菜だけでなく、果物も「垂直仕立て栽培」をやっているので、毎日がとても面白く、とても充実してます。

キュウリは大豊作

さて、夏の野菜の代表格であるキュウリは、私にとってなくてはならないものです。

浅漬け、ぬか漬け、みそキュウリ、そしてワカメのあえ物などを毎日のように作ります。

8本ほど仕立て、最初に蒔いた2本は成績が悪いのですが、残りの6本は順調です。

今朝は5本の収穫ですが、連日となると食べきれない状況となってきました。

毎日4~5本の収穫

この時期は、スーパーでも農産物直売所でもたくさん出回っており安く買えますが、たくさん使うとなるとお金は結構かかります。

また、農薬も気になりますよね。

自分で作れば、新鮮なものが安心して食べられのが家庭菜園の大きなメリットです。

ただ、家庭菜園と言うのは非常にコスパが悪いものです。

なぜ悪いかと言うと、作るのが少量であるために種を蒔かずに苗を買ってくるからです。

しかも、肥料や土を買って作るとなるとほぼ赤字。

計算すると買った方が、もしかすると安いかも知れません。

結果が良いのは垂直仕立て栽培の効果なのか?

ところが、垂直仕立て栽培なら基本的に種を買って、そのまま蒔くか苗を仕立てるだけです。

支柱は長いものが足りなかったので買い足しました。

支柱なんて安いもので、Φ20mm×2.4mの長いものが10本で1980円で買えます。もちろん、100均ではなく専門店です。

これを10年間使うと考えれば初期投資としては悪くはありません。

また、多用する麻紐は、使い終わったら腐って自然に帰るのも良い点です。

キュウリは、この長い支柱を使っています。

最初は短い支柱を使いました。

そして、縛って育てた結果がこれです。

優に3mは超えています。

手前の2本は後から蒔いたのでこれからですが、極めて順調です。

ただ、正直言ってこれが垂直仕立て栽培の効果であるかどうかは良く分かりません。

これまでも「米のとぎ汁乳酸菌」堆肥を使い、かなりの実績があります。

ですが、一切の土づくりをせず、堆肥も入れずにここまでできてしまうとやはり認めざるを得ないのかなとも思います。

むろん自然農法でも可能ではあるでしょうが、コンパニオンプランツなどと組み合わせたりして、その技術はそう簡単ではありません。

垂直仕立て栽培に、そのような特別な技術は要りません。

以下のイラストをご覧ください。

種を蒔いて、育ってきたら支柱を立て縛るだけです。

ただし、苗を植えるのと違い成長はゆっくりで、慣れるまでに時間がかかります。

来年からは、半分は苗を仕立てようと思っています。

その方が早く食べられるだけでなく、長く収穫ができますからね。

どれだけ収穫できるのか?

そして、これからの注目点はどれくらい収穫できるのか。

本には支柱を超えたら若いツルに更新とあります。

こうすることで、長い期間収穫が可能になるとのことです。

更新の前に、4~8本のツルを誘引とありますが、本数を数えるのが面倒なくらい出ていますのでこれを整理します。

実が生っているので、これらを収穫してからバッサリと行きましょうか。

それにしても、こんな場所に種を蒔いただけでこんなにキュウリが獲れてしまうのは驚きとは思いませんか。

陰謀論ではないですが、世の中から無視されているような気がします。

植物だけでなく、人間も真っすぐ背筋を伸ばして生きたらよいかも知れません。

(関連記事)

【キュウリの垂直仕立て栽培】場所の違いで結果が大きく変わる原因はなに?