自然を使えば豊かになれる

太陽熱生活を始めよう!真空管式の太陽熱温水器を使った豊かな生活を提案します。

2018/12/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
自然環境、とりわけ山野の植物に興味があり長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感。真空管式の太陽熱温水器に出会ったことをきっかけに、製品の販売と設置を第二の職業にしました。地球温暖化阻止のため、ぜひ応援よろしくお願いいたします。栃木県大田原市在住。

こんにちは、初めまして。

とちぎエネットの野澤と申します。

定年起業で真空管式太陽熱温水器を販売しております。

 

仕事を始めたきっかけ

 

真空管式太陽熱温水器を知るきっかけは、2011.3.11の東日本大震災の前年でした。

給湯器(石油ボイラー)の燃料消費のあまりの多さに、なんとか灯油を減らす方法はないものか。

そんな悩みを抱えていた時、ネットで真空管式の太陽熱温水器を見つけ購入しました。

 

2010年6月に稼働させ、どれくらいの採熱能力なのかデータを毎日取りました。

本当に太陽でお湯が沸くので、凄い、凄いと感心しきりでした。

が、翌年の3月に東日本大震災が起き、私はそこで決定的な性能を確認することになります。

 

あの3月はとても寒かった。

地震後も毎日晴天が続き、寒くて寒くてたまらなかった。

 

しかし、真空管式の太陽熱温水器には好都合で、毎日ガンガンお湯が沸くのです。

ガソリンも灯油も手に入らない中、毎日お風呂に入れました。

 

奇跡です!

 

たまたま、娘の出産が4月に控えていたこともあり、辛い思いをさせなくて済んだのです。

この時点で、私はこの真空管式の太陽熱温水器を世に広めなければならないと強く想いました。

 

 

地球を救うのはこれしかない!

 

いよいよ地球温暖化が顕著になってきたように思います。

しかし、世の中の関心は薄いまま。

 

まわりを見渡せばオール電化住宅ばかり。

そして、太陽光発電ばかりが注目され太陽熱温水器は見向きもされません。

 

私のような個人事業主が何を言ってもだめなのか。

そんな気持ちにさせられることも多くなりました。

 

でも、もう少し頑張ってみようと思っています。

ここまでの5年間は無駄ではなかったことを証明するためにも。

 

世の中が無関心に見えるのは、単にマスコミが注目しないだけで、情報が正しく伝わっていないのでしょう。

また、経済界は電気や燃料ををたくさん使ってもらわないと困ります。

 

経済とはどこまでも発展していかねばならない。

太陽でお湯を沸かされたら、ガスや灯油などの燃料を買ってもらえない。

太陽でお湯が沸かせたら、電気で沸かすなんてバカバカしくなる。

 

だから太陽でお湯が沸くなどと誰も教えない。

ネガキャンもしっかりやってます。

あんなのは元はとれないから無駄。

昔、強引なセールスがあった。

冬は凍って使えない。

エコキュートの方が安い。

タンクが格好悪い。

 

現代は情報が氾濫しているけれど、それが本物であるかどうかは自分の目で耳で確かめるしかありません。

 

何でも電気の時代ですが、良く目を凝らして騙されないようにしてください。

真実はそこにはないのです。

 

とちぎエネットは、より確かな情報をお届けします。

ぜひ応援してください。

よろしくお願いいたします。

 

とちぎエネットは、太陽熱利用と省エネのご相談を承っております。

お気軽にお問合せ下さい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
自然環境、とりわけ山野の植物に興味があり長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感。真空管式の太陽熱温水器に出会ったことをきっかけに、製品の販売と設置を第二の職業にしました。地球温暖化阻止のため、ぜひ応援よろしくお願いいたします。栃木県大田原市在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO(とちぎe-net) , 2018 All Rights Reserved.