太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【最悪】アベノマスクにみる政治の劣化

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

それにしても政治の劣化が酷いですね。

なぜにこんなにまでなってしまったのか、これが民度なのでしょうか。

 

そう思いたくないのですが、政府が466億円かけて各家庭に配布しているマスク(アベノマスク)、どこの企業に発注したのかが全く不明でした。

それを福島議員が追及したのですが、厚労省は公表できないと拒否していました。

ところが少し状況が変わったようでその一部を厚労省が出してきました。

 

今回は90.9億円分で、どうして一部しか出さないのか意味が分かりません。

もしかすると、最初から契約などしていなかったのかもしれません。

 

 

でも、こんな不良品しか作れないメーカーに発注するとは大問題です。

責任者は出てきて説明をする必要があります。

 

中身もまた酷いですね。

こんなもの送られたら誰だって怒ります。

 

 

いずれにしても、このアベノマスクは届いても使えないし、使いたくないです。

かえって病気になります。

 

さて、ほかにも政治家の劣化が止まりません。

広島県知事が、これから給付される10万円を職員から召し上げるとの話です。

 

 

 

公務員は収入の減にはなっていないからとの理由でしょうが、今回の10万円給付は全国民に一律給付するもの。

感染拡大を防ぐ目的で、経済対策ではありません。

 

私なら断固拒否しますが、皆さんは昇任昇格で差別されるのを恐れて従うんでしょうかね。

そんなんじゃ良い仕事はできませんよ。

 

一方、大阪も負けてはいません。

少しばかりの休業補償金しか出さないくせに、応じなかったら店名公表するぞと恫喝しています。

こちらも私が店主だったら、やるならやってみろと言います。

 

大阪府知事、休業要請応じない施設公表へ…今週中に

政府の緊急事態宣言を受け、大阪府が府内の商業施設などに休業を要請してから21日で1週間となる。吉村洋文知事は20日、休業要請に応じていない施設名の公表について「準備に入っている。今週中にやりたい」と述べた。

 改正新型インフルエンザ対策特別措置法では、施設休業の要請は「協力要請」「要請」「指示」の3段階あり、「要請」と「指示」の場合は施設名が公表される。現在は協力要請の段階だが、吉村知事は記者団に「看過できないものは現地に職員を派遣し、それでも難しい場合は、施設名公表を伴う『要請』をしたい」と述べた。

 一方、府によると、13~19日の1週間に新たに感染した人は400人で、前週(6~12日)の403人をわずかながら下回り、1週間の新規感染者数が減少に転じた。感染経路が不明な感染者も、前週より90人少ない230人だった。吉村知事は、休業要請や外出自粛要請について「非常に大きな効果が出ている。今週の(感染者数の)数字に注視したい」と述べた。

 府は病床不足を防ぐため、14日から、ホテル1か所で軽症者らの受け入れを始めている。吉村知事は、新たに二つの民間宿泊施設で、今週中に受け入れを開始する考えを示した。

 

 

この国の政治家は先を見る目がありません。

何のために政治家になったのか、緊急事態にこのようなトンマな発言を繰り返してきました。

恥ずかしくないですか。

 

 

 

果たしてこれからどうなるのか、本来ならば政治家が率先して方向性を示すべきところですが、今政権を握っている政治家にそれを望むのは無理です。

我々は最悪の事態に備えていくしかありません。

くれぐれも、路上や自宅で突然死などしないように。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.