太陽熱利用で地球温暖化阻止!

暑くて寝苦しい夜は冷却ジェル枕を使う

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

昨夜は9時半ごろに就寝したけれど、ものすごく暑苦しくてエアコンをつけなければならなかった。

もともとエアコンの風が嫌いで、できるだけ使わないようにしているのだけれど、31℃を超えるような気温では窓を開けても眠れない。

 

例年、熱帯夜の日数はせいぜい2週間くらいなのであまりエアコンを使わず凌いできたけれど、ここ2年は異常な高温のためエアコンを使うのが前提になってしまった。

ただ、エアコンだけではあまり快適ではないし、電気代もバカにならないので「冷却ジェル枕」を使うようにしている。

 

こういった商品では昔からアイス○ンが有名ですが、持続時間が最低でも6時間くらいないと使い物になりませんからご注意を。安物買いの銭失いになります。

 

使い方は、冷蔵庫に冷やしておいて寝るときにタオルを巻きます。最初は後頭部しか冷たくないですが、次第に血液が冷やされて体温が下がり、かなり暑苦しい夜でもぐっすり眠れます。

 

さて、8月も中盤を過ぎました。

暑い暑いと言っても、太陽の位置は確実に低くなっていきますから暑さも違ってきます。

 

愚息に異常な暑さだから「エアコンを買えば」と言ったら、扇風機があるからいいそうです。

昨年も同じ会話をしたような・・・

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.