太陽熱利用で地球温暖化阻止!

今年は自然農で家庭菜園をグレードアップします

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
ライフLABO(とちぎエネット)代表 太陽熱利用アドバイザー 真空管式太陽熱温水器を使った給湯や暖房で省エネ生活実践中。趣味は家庭菜園と季節のジャムづくり 栃木県在住。

 

2021年1月3日、14時30分を過ぎたところです。

今年も静かなお正月が過ぎようとしています。

 

明日から多くの人は仕事始めですが、コロナの感染拡大が続いているのでかなりの緊張を強いられることになります。

私のような自営業、それもネットショップくらいならさほどのことはありませんが、より多くの人と接触しなければならない業種の方は是非とも当社の天然抗菌剤ADパウダーで対策を講じていただければと思います。

効果は当然ですが、断然安く済むし安全です。

 

 

さて、今年もコロナで自粛生活が長引きそうなので家庭菜園を充実させようと思っています。

これまで自宅の狭い庭は、米のとぎ汁乳酸菌による生ゴミ堆肥で野菜を作っていますが、昨年は特にトマトや白菜などが好調でした。

同じことを何年かやってみて特に問題は無いので、これは引き続きやっていきたいと思っていますが、課題は日照不足をどう克服していくかです。

 

一方、娘夫婦の家の庭が広いので、こちらは自然農法の真似事をやっております。

しかし、あくまでも真似。

ここ3年ほどやっていますが、良くできたりできなかったりして、とても人様に自慢できるような状況ではありません。

 

そこで、このところYOUTUBEで自然農の動画を拝見して、これならやれるかな?

そんなサイトを見つけたので、今年一年頑張ってみようと思っています。

 

どのサイトでも共通しているのは、自然農はうまくできるようになるまでは時間がかかるというものです。

しかし、それに近いものをやってきましたのでさほど時間はかからないのでは思っています。(願望です)

 

また、自然農は肥料も農薬も必要ないし、機械を使って耕起する必要もありませんからこんなにお得な農法はないし、仮に失敗しても原因を検証して次にそなえるだけです。

こういうのは実に私の性格に合っているし、実に楽しいです。

 

ちなみに下の写真は、我が家の土手に余っていたサヤエンドウとほうれん草の種を11月の下旬に蒔いたものです。

こんなにしっかりと発芽して成長するとは思ってもみませんでした。

この場所は、木の枝とか雑草の抜いたものを何年も放置していた場所なので既に土が出来上がっているのかも知れません。

 

東側斜面に蒔いたサヤエンドウとほうれん草。もちろん肥料などはやっていません。

 

コロナがいつ終わるか誰にも分かりません。

また、いつ何時大きな災害がやってくるか分かりません。

その非常時に少しでも食料を確保しておけば安心で、自然農なら種さえあればなんとかなります。

 

危機管理とはそういうものと私は認識しています。

春になるのが楽しみです。

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
ライフLABO(とちぎエネット)代表 太陽熱利用アドバイザー 真空管式太陽熱温水器を使った給湯や暖房で省エネ生活実践中。趣味は家庭菜園と季節のジャムづくり 栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2021 All Rights Reserved.