太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【許せない!】明治維新から盗賊・収奪政治が行われている

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

本日も晴天で爽やかな朝を迎えていますが、「明治維新以来クレプトクラシー(盗賊・収奪政治)が続いている」との記事を見て暗澹たる気分になってしまった。

これでは一般国民の生活なんて良くなるはずもなく、こいつらに天誅が降ることを願わずにはいられません。

 

https://twitter.com/honda_hiroshi/status/1266488548091256832

 

そもそも給付の手続きを民間委託でやるなんておかしいし、なぜ役所でやらないのか。

公平公正を保つには国の職員がやらなければいけないし、人手が足りないなら増やせばよい。

手続きを簡素にすれば十分に現状の職員数で事足りるはずだ。

 

政府の緊急経済対策の柱となる事業で、手続き業務全体が769億円で民間団体に委託されていたことがわかった。この団体は業務の大部分を、大手広告会社の電通に749億円で再委託していた。経産省や団体、電通は詳しい経緯や金額の根拠などについて公表していない。

事業をめぐってはコールセンターがつながりにくいなど問題が相次ぐ。巨額の費用をかけて民間委託していたことの是非が問われそうだ。

769億円で受託→749億円で電通

問題となった事業は、中小企業向けに最大200万円を支払う経済産業省の「持続化給付金」だ。経産省中小企業庁によると、「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」に、給付金の手続きやコールセンター事業などをまとめて委託した。

この協議会は2016年に、電通人材派遣大手のパソナ、ITサービス業のトランスコスモスなどがかかわって設立された。これまでに今回を含め、経産省の「サービス等生産性向上IT導入支援事業」など14事業の手続き業務などを受託している。

経産省は持続化給付金を150万社へ支払うことを想定し4月の第1次補正予算で2兆3176億円を計上。コールセンターや全国約400カ所に開く申請サポート会場の運営などを含め、業務をまとめて協議会へ769億円で委託した。

経産省によると、協議会は委託費の97%にあたる749億円で業務の大部分を電通に再委託した。経産省や協議会、電通は委託費の根拠や差額の20億円の合理性などについて明らかにしていない。

給付に時間かかるケースも

経産省は、協議会は事業全体の統括と振り込み業務を行い、再委託を受けた電通がコールセンターや申請受け付けの管理をしていると説明している。電通が業務の一部をさらに他社に委託した可能性もある。経産省電通に直接委託しなかった理由について「公募の提案書の内容がきちんとしていたから(協議会を)選定した」などとしている。

持続化給付金は1日から申請が始まった。経産省は当初、申請から2週間程度で支払えるとしてきたが、それ以上に時間がかかるケースもめだつ。申し込みのホームページやコールセンターにつながりにくい状態も続く。現状で給付ずみなのは、申請件数の約6割の約75万件にとどまる。

協議会は取材に「中小企業庁の委託事業につき、回答は控えさせていただきます」と答えた。電通広報部は「個別事案に関しては回答を控えさせていただきます」としている。(新宅あゆみ、伊藤弘毅)

パソナなど関わり設立 協議会の実態は…

緊急経済対策の柱となる事業をめぐり、手続き業務全体が769億円で民間団体に委託されていた。さらに業務の大部分は電通に再委託されている。事業を担当する経済産業省は「問題はない」とするが、委託費の合理性など詳しい経緯は明らかにしていない。団体や電通も説明をしておらず、巨額の税金が投入される事業の実態が見えなくなっている。

 

日本の一流と呼ばれる企業には恥も外聞もないようだ。

電通は受託しても再々委託することは目に見えている。

こんなことで本当にいいのか、不正ではないのか。

 

https://twitter.com/karyn_nishi/status/1266336608145424384

 

「GO TOキャンペーン」、こちらも同様に事務委託費が3000億円で、予算の2割というから驚きです。

これも電通なんですかね。

 

この程度の事業なら、パソコンがあるんだから手続きを複雑にせず、添付書類を少なくすればスタッフ3名くらいで十分じゃないですか。3000億円とは腰が抜けそうです。

 

 

まだ届かないアベノマスクは国内でも作っていたようですが、これも政府と業者の公表金額があまりにも大きく訳が分かりません。

政府が嘘をついていたとしか思えませんが、業者はさぞや儲かったことでしょう。

 

 

おまけ。

自衛隊のブルーインパルスが東京上空を飛んだそうです。

かなり喜んだ人もいたようですが、コロナ禍でこんなことをしてどうするんだろうかと思ってしまいました。

 

医療従事者への慰労?

いや、必要なのは慰労ではなく慰労金ですよ。

 

 

 

https://twitter.com/katoikumi/status/1266264858523168769

 

言い方は悪いかも知れませんが、私には北朝鮮のような風景に見えました。

ちょっと心配です。

民主主義が死に絶えないようにしていかなければなりませんね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.