太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【太陽熱暖房】春から秋までの熱利用を考える

2020/10/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

とちぎエネットです。

 

先日、同様の記事をアップしましたが、今日は実践編です。

太陽熱暖房を使うのは、10月の下旬から翌年の3月までの約5か月間ですが、それ以外の期間はただ熱を捨てているわけです。

そのため、分離分割型(ベランダ型)の太陽熱温水器の温度アップになるよう工夫してみました。

 

構想は単純で、熱交換系の配管に排熱管を沿わせて温度を上げようとするものです。

たまたまステンレスの鋼管(15A  L=3m)があったので、これを使います。

 

 

沿わせるのは採熱器に向かう管としました。

これは熱交換後で水温が下がっていることから熱の移動がスムーズなのではと考えたためです。

 

まずは熱が下りてくる管を切断し、方向を変えます。

20Aのパイプなので接続部品が見つからず苦労しましたが、何とかなりました。

 

20A→15Aに変換 部材は回収したものを再利用しています。

 

ステンレス管は熱伝導率が高く、非常に熱くなっているので、接触する部分は耐熱用でないと溶けてしまいます。

また、やけどにも注意です。

 

ステンレス管の保温材は、高温のため耐熱用を使用します。

 

午前中は暖房を運転していたので温水器の方には熱は来ていませんが、午後だけもかなりの温度上昇が確認できました。

 

 

これは16時15分の温度ですが、昨日と比較してみましょう。

 

3/17 30.1℃

3/18 37.1℃

 

結果的に7℃の差が出ましたが、昨日に比べ少し今日は天気が良いかも知れませんが、それほど大きな違いはなかったはずです。

ただ気温は低かったので昨日は放熱が多かったのかもしれません。

 

明日も天気が良さそうですから、一日フルにやるとどれだけ上がるのか確認することにします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.