太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【後手後手】まだ消毒液が不足しているらしい

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

未だに消毒液が不足しているようです。

ちょっと信じられませんが、国民の健康にかかわることですから、もう少し早い段階で政府は強い指導力とか、正確な情報を出すとかできないものでしょうか。今さら転売禁止などと言ってもどうにもなりません。

まさに後手後手の見本のようなもの。

 

 新型コロナウイルスの感染拡大で品薄が続く「消毒液」について、政府は転売禁止の対象とする方針を固めた。

【速報】消毒液も高値での転売禁止

政府は3月から、マスクについて購入した値段よりも高値での転売を法律で禁止している。消毒液についても転売行為が見られ、事業者から規制を求める声があがっていることや、今後、経済活動の再開で需要が増える可能性が高いことから、政府は、転売禁止の対象とする方針を固めた。除菌シートや消毒液の代わりに使えるアルコール濃度が高い酒も対象になる見通しだ。

なお違反をすると、1年以下の懲役か100万円以下の罰金が科せられる方向で、政府は22日にも新たな政令を閣議決定する方針としている。(ANNニュース)

 

4月14日の記事、あれから1か月以上も経っているのに改善されないとは驚きです。

まぁ、厚労省通知の馬鹿さ加減からこうなるだろうとは予感はしましたが、よもや現実になるとは思いもよりませんでした。

 

【笑】消毒液がないからウオッカを使え

 

しかし、手に入らない消毒液を待っていても仕方がありませんし、こんなものに頼るよりも自分で抗菌液(消毒液)を作りませんか。

何度もアップしていますが、安全で非常に効果の高いものです。

 

抗菌性試験

 

ADパウダー1個(100g)で100リットルのADウォーター(消毒液)ができますから、個人なら一年で使いきれないでしょうし、大量に使う場合でも数個買っておけば安心でしょう。

 

問題なのはスプレーボトルが不足していることです。

コロナ前ならホームセンターや100均で安く売っていたのですが、現在ではほとんど見かけなくなりました。

ネットなら何とか買えそうですが、かなり高額になっていて、500mlくらいのボトルが一個500円くらいします。

 

 

 

ADウォーターに使っているボトルのスプレーは、私が拘りぬいて選んだもので、霧が細かく使い勝手の非常に良いものです。

2本までの制限がありますが、ADパウダーとセットで買っておくことをお勧めします。

 

 

さて、コロナ予防には消毒液も大切ですが、やはり手洗いが一番効果的との記事です。

私たちの手(手だけではありませんが)には様々な菌がいることは、何となく分かっていても目に見えない存在なので油断しがちです。

それを実験で証明したのが以下の記事になります。

 

パンのカビを見れば一目瞭然!? 新型コロナ予防、一番効果的なのは「手洗い」

 世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスに関連して、マスクが薬局などから姿を消している。「うつらない、うつさない」予防法の一つとして有効とされてきたマスクだが、医師で医療経済ジャーナリストの森田洋之氏はマスクの予防効果について「少しはある。でも、大きく言うとあまりない」と話す。

【映像】パンのカビを見れば一目瞭然!?

その理由について森田氏は「一番確率が高いのは接触感染、そして二番目が飛沫感染。距離が近ければ飛沫感染はあるが、せいぜい2メートル。しかし、2メートル以内に入ることは意外に少ない。マスクに関しては、自分がかかっているときに飛沫させないという意味合いは大きい」と説明した。

 では、何が最も予防に有効な手段なのか。森田氏は「手洗い」だという。手洗いが有効と話す森田氏に対して、15日にAbemaTVで放送された『Abema的ニュースショー』では、アメリカのある小学校の先生が行った実験を紹介した。

実験の内容は、石鹸で洗った手で触った食パンと、洗わずそのままの手で触った食パンに繁殖したカビの数。その実験結果を示す写真が映し出されると、汚れた手で触った食パンの大部分にはカビが広がっていた。

森田氏によると、これはアメリカのアイダホ州にある小学校の先生が手洗いの重要性を生徒たちに伝えるために行った実験であり「普通の手だとバイ菌はたくさんついている。普通であれば僕らは免疫力が備わっているのでバイ菌には勝てる。今、本当に新型コロナウイルスが怖ければ、一番は手洗いだ」と改めて手洗いの重要性を訴えた。

 

なるほどと思わせる、とても良い記事だと思いますが、あまりに神経質になりすぎるのは考えものです。

あまり頻繁に洗うと手の油分が無くなり、手荒れがしたり有用な菌までいなくなってしまうこともあります。

 

また、合成石鹸よりも自然由来の「石鹸」が格段に良いことも少し前に書いていますので、併せて考えてみてください。

 

【手洗いには石鹸が最強】自然由来の「石鹸」の驚異的な実力がコロナ対策でも実証された

 

私たちは、科学(化学)が発達によって様々な恩恵を受けているわけですが、その一方で多くの問題も抱えてしまったことは事実です。

人類が自然循環の環を壊した結果、今回のコロナ騒動があると認識しなければ、今後も新たな災害(疫病も含めて)が起きることは間違いありません。

今回の出来事を冷静にとらえ、少しでも環境が良くなるよう努力したいものです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.