太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【お粗末】この首相ではもはやだめだと思う

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

昨日、安倍首相が新型肺炎対策で緊急会見を行いました。

 

相変わらずプロンプターを使いながら原稿を読んでいます。

 

 

 

こんなんで国民に何が伝わるというのでしょうか。

原稿見ないで話せよ!

 

 

さっそく手厳しい評価が出ていますが、当たり前です。

 

満持しての安倍首相会見、疑問や不安に響かぬ精神論
安倍晋三首相は2月29日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、初めての国民に向けた会見を開いたが、小中高校などの一斉休校要請に至った唐突な判断の具体的根拠は示さなかった。政治決断への理解や協力を求めただけ。予備費2700億円を活用した経済対策には触れたがとりまとめはこれからだ。多くの国民が目にする土曜夕方に会見を設定した割には、まさかの時間制限付きで、国民の不安と向き合う覚悟は、この日も見えなかった。

「まだ質問があります」。官邸で始まった会見が30分を超え、事務方が終了を通告した際、指名を求める声が上がった。声の主はフリージャーナリスト江川紹子さん。27日に唐突に表明した休校要請をはじめ、「政治決断」の背景を説明するため、首相は異例の休日会見に臨んだが、予定時間超過を理由に約35分で終了した。

質問は5問で、通常の首相会見の流れと同じ。透明板に文字が映るプロンプターが用意され、書面に時折目を落とした。積極的な説明が求められる中で、守りの姿勢が目立った。

今後1~2週間が感染拡大か収束かの瀬戸際という、24日の専門家会議の見解を「土台」としたが、その後も全国で感染拡大は続く。首相は「学校で集団感染のような事態は起こしてはならない」と強調し、子どもたちが影響を受けることは「断腸の思い」と述べたが、「判断に時間をかけているいとまはなかった」と強調した。説明の不十分さは認めたものの、教育現場を混乱させたことへの陳謝はなく、「ご理解を」「ご協力を」と繰り返した。

働く保護者が影響を受けることから、新たな助成金制度の創設に触れ「正規、非正規を問わずしっかりケアする」と述べたが、具体的な仕組みには触れなかった。予備費を使った緊急経済対策とりまとめも「10日のうちに」で、見切り発車の実態を露呈した。後手後手批判を受けているが「必要な対策をちゅうちょなく講じてきた」と豪語した。

一斉休校は首相の独断。与党関係者は「ハレーションは予想しただろうに、国民を納得させられる材料が少ない」と話す。発信が足りないと指摘されても応じなかった会見に、追い込まれた首相。「決断した以上、私の責任で万全の対応を取る」と述べたが、国民の不安に響く内容にはほど遠かった。

感染防止策を「戦い」と表現するなど、精神論も目立った。「政府の力だけでこの戦いには勝利できない」と国民全体に協力を求めたが、「必ず乗り越えることができると確信している」と、希望的観測でしか語れなかった首相。「夜日程」が批判される中、前日も作家百田尚樹氏らと会食。この日は会見後、自宅に直行した。【中山知子】

2/29(土) 23:11配信 日刊スポーツ

 

安倍首相は国が責任を持つは言いますが、具体的なものは何も示していません。

言葉だけなら何とでも言えます。

 

それにしても、時間制限するのはどうかと思いますね。

27日に唐突に表明した休校要請をはじめ、「政治決断」の背景を説明するため、首相は異例の休日会見に臨んだが、予定時間超過を理由に約35分で終了した。

 

これは酷いですね、国の一大事なのだから無制限ではないでしょうか。

 

問題なのは、中国で新型コロナウイルスによる肺炎が流行してからすでに2ヶ月経過しましたが、日本政府は未だにPCR検査もろくにやっていないこと。

国民はほとんど新型肺炎の蔓延状況を知らされず、それでいきなりイベントは中止しろ、学校は3月から休校しろでは混乱が出るのは当たり前です。

 

驚くべき指導力、こんなことは独裁国家でもやらないでしょう。

 

安倍首相の「ご英断」が逆効果? 突然の中止ラッシュに「そんなに東京はヤバイのか!?」(井津川倫子)

「隠れコロナ患者」100万人!なぜか情報隠す安倍官邸・厚労省・・・実態バレると本当に東京オリンピック中止

 

国民があっての国家です。

今回の対応はあまりにもお粗末、すぐにでも有能な人に首相を替わってもらわなければなりません。

国のトップが無能では滅びます。

 

さて、こんな状況ですからマスクは当分手に入らないことを覚悟し、物流が止まることがあり得るかも知れません。

そうなると困るので、生活用品はできるだけ確保しておきましょう。

 

万全の体制を整えておく、それが危機管理というものですが、残念ながら日本の為政者にできていないようです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.