太陽熱利用で地球温暖化阻止!

愛で農薬は落とせない

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

以前に買った本を読み返していたら、「愛があれば食品添加物や農薬が体に悪さをしない」と書いてあるところを見つけました。

食品添加物も農薬も自然なのだから、感謝しつつ有り難く頂戴すれば大丈夫だと・・・

 

でも、これで著者への興味が一気に失せました。

100歩譲ってそんな芸当ができる人もいるのかも知れませんが、私のような凡人にはそのような無害化するような能力はありません。

 

そんなわけで、今日もチマチマとADパウダーで野菜を洗っておりますが、やはり訳の分からない黄色いものが盛大に出てきます。

これが何であるかは調べてはいませんが、水で洗っただけでは落ちないので展着剤ではないかと思っています。

 

いずれにせよ、こんなものを毎日のように食べていたら、いくら愛とか感謝とかをしたところで無意味ではないでしょうか。

 

<洗浄水の作りかた>

ADパウダーを水1リットル当たり2gを入れて攪拌します。

 

 

(ほうれん草)

これは高冷地栽培のものですが、やはり農薬なしでは栽培は難しいのでしょう。ほうれん草は例外なく黄色いものが溶け出してきます。

 

 

数分浸した後です。土などの汚れは無いので、ほうれん草に残留していたものと考えるべきでしょう。

 

 

(きゅうり)

もうお終いですが、小ぶりのものを見つけたので買ってみました。今さらお金をかけて農薬をかけるとは思いませんが、分かりませんので念のため洗います。

 

 

結果は、少し色が濃くなったようにも見えますが、ほとんど農薬は残っていないと思われます。なお、アルカリ度が落ちない限り、粉がもったいないので続けて洗った方が良いでしょう。

 

 

(ナス)

今年はできが良いのかこれで90円です。ナスは肌がつるつるしているので農薬が残留しにくいと言われています。

 

 

やはり、ほとんど変化はありませんでした。

 

 

今回購入したのは、ほうれん草以外は地元で獲れた夏野菜(キュウリとナス)なので農薬はかけていなかったようです。

つまり、残り物なので今さらお金をかけて農薬をかける必要がなかったと思われます。

 

ADパウダーは、ホタテ貝から生まれた野菜洗い。野菜が洗えるだけでなく抗菌力にも優れています。

自然の恵みを生活に使えば全てではありませんが、化学物質から遠ざかることもできます。

 

ADパウダー100g 1,260円

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.