太陽熱利用で地球温暖化阻止!

二十日大根(しらうお)を作ってみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

秋から冬にかけて作る野菜は、できるだけ早く収穫できるのが欲しかったので「はつか大根 しらうお」というのをネットで見つけ買ってみた。

はつか大根と言っても二十日で収穫できるわけではないが、種を播いてからほぼ1ヶ月でこれだけになった。

 

はつか大根 しらうおの収穫

 

たしかに白魚のように白く、とても上品な姿をしている。

根の径は2cm、長さは15mくらいでかなり小ぶりだ。

 

漬物(浅漬け)にして食べてみたのだが、説明書にあるように透き通るような白で、柔らかく美味しかった。

赤いはつか大根(ラディッシュ)はやや硬い食感だが、これはそのようなことはない。

 

また、葉はみそ汁に使ったが、大根葉特有のゴワゴワ感はないのでとても食べやすい、というかほうれん草を食べているようだった。

 

 

一ヶ月程度で収穫できるので、今蒔いておけば年内にもう一度収穫ができるはず。

寒くなって成長がゆっくりになったら不織布をかければ大丈夫だろう。播く場所がなければプランターでもいい。

 

それにしても1ヶ月とは早い。

 

私の作り方は、農薬はもちろん使わないが、肥料も一切買うこともないので用意するのは種か苗だけです。

こんなに痛快なことは他にありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.