自然エネルギー利用は未来の生活のために

キュウリのうどん粉病を農薬を使わずに防ぐ方法とは

2021/05/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
ライフLABO(とちぎエネット)代表 太陽熱利用アドバイザー 真空管式太陽熱温水器を使った給湯や暖房で省エネ生活実践中。趣味は家庭菜園と季節のジャムづくり 栃木県在住。

 

梅雨も本格的になってきましたが、一方で野菜も元気になってきました。

しかし、家庭菜園での悩みはうどん粉病の発生です。

 

この病気は湿度が高く風通しが悪い場合に発生するもので、ハウス栽培のイチゴやトマトなど殆どの多くの農作物に発生するものです。

その理由は、カビだからです。

 

カビとは菌ですから、繁殖に都合の良い温度や湿度だったりするとたちまち大発生します。

この病気は、作物が収穫できないだけでなく他にも移っていくので非常に厄介です。

 

殺菌剤を使えば解消?

 

我家の家庭菜園は狭く、毎年同じところに同じようなものを作らざるを得ないのが実情です。

そうなると連作障害も心配になりますが、それ以上にうどん粉病が毎年発生してしまいます。

 

今年もやっぱりキュウリは同じ場所となってしまい、うどん粉病も予想通り発生しました。

 

この病気は、ほおっておくと葉が白くなり、やがて枯れてしまいます。

そのため、農家では殺菌剤を撒いて予防していますが、家庭菜園では無農薬が基本なので絶対に使いたくない薬剤です。

 

殺菌剤とは

 

私もアブラムシ退治にマラソン乳剤などを家庭菜園初期には使っていました。

臭いし、これ本当に大丈夫?

そんな疑問を持ってしまったため、できればそんなものを使わなくても効果があるものはないのだろうかと探していました。

 

たまたま天然の抗菌剤を扱うことになったため、これをキュウリのうどん粉病に使ったところ高い効果が得られました。

しかも葉には全く影響がありません。

 

農薬を使いたくない方は試してみて下さい。

もちろん人体には全く害はありません。

 

ADパウダー

使い方は、以下の要領で水溶液を作り噴霧してください。

農家なら噴霧器でしょうが、一般的なスプレーボトルで十分です。

 

<AD水溶液の作り方と使用法>

ADパウダー(水酸化カルシウム) 1g

水 1ℓ

ADパウダーと水をペットボトルなどに入れ良く攪拌します。

 

こんな少量で大丈夫かと思われるかも知れませんが、たったこれでpH12以上になりますから効果は絶大です。

この毛期待をかけておけば、しばらくうどん粉病は発生しにくくなります。

 

そんなわけで、毎年発生するので予防のため3回ほど葉の両面にスプレーしましたが、うどん粉病の広がりは全く見られず、順調に成長しています。

ADパウダーの成分は、100%ホタテ貝殻焼成カルシウム(水酸化カルシウム)です。余計なものは入っていません。

そもそもが貝殻ですから、カルシウムは土壌改良にもなりますし、食味を向上させることが知られています。

 

留意点は、代替農薬として使う場合、化学物質と違って効果が長期間持続しないこと。

そのため、何回かかけて様子をみることをお薦めします。

なお、葉焼けするようなことはほとんどありませんが、確認してから噴霧してください。

 

 

#家庭菜園 #キュウリ #うどん粉病 #灰色カビ病 #天然農薬

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
ライフLABO(とちぎエネット)代表 太陽熱利用アドバイザー 真空管式太陽熱温水器を使った給湯や暖房で省エネ生活実践中。趣味は家庭菜園と季節のジャムづくり 栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2019 All Rights Reserved.