太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【Go Toコロナ】これは放射能汚染土の全国バラマキと同じだ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

とうとうコロナ感染者が一人もいなかった岩手県で陽性者が確認された。

しかし、これまでいなかったのはどのような対策をしてきたのか、詳しく報道された様子がないのはどうしてだろう

 

和歌山県の場合は、最初に集団発生した経緯から抑え込みに成功したので一時話題にはなった。でも、その後は東京アラートや大阪モデルなど、ろくに効果がでていないものが話題となっている。

 

どうして岩手県の感染者が少ないのか。

有効な対策をやっているならそれを全国に広めれば良いのに、それをやらない、報道しないのはなぜか。

コロナに日本人全員が罹らないとまずいことでもあるのか。

 

2011年の福島第一原発爆発で東日本の広い範囲で放射能汚染が起きたが、国は住民を避難させず、除染してそこに住み続けることを強要した。

当然ながら除染した土は膨大で、置き場所にも困るようになると堤防や道路建設用地などに流用するため全国にばらまくようになる。当然ながら、放射能を全国にばらまくには巨額の予算がいるし、誰がどこに何を使って運搬するのか。

 

翻って、GoToキャンペーン。

コロナが感染拡大している時期に補助金を出すから旅行に行けとは狂気の沙汰と思いがちだが、除染土の全国バラマキを考えるとさもありなんではないか。

巨額の事務委託は怪しげな業者が受託し、電通が再委託し、更にそこから委託される中抜き構造が批判の的になっている。

 

つまり、コロナと除染土の対応は非常によく似ている。両方とも全国にばら撒いてしまえば国民は諦めるだろう。そんな思惑が透けて見える。それだけではない、予算が巨額であればあるほどそこに関わる輩の懐が潤うシステムになっている。

 

官僚と言う悪魔が、政治屋どもを使って私腹を肥やしている。

 

 

全国で新たに1261人感染 初めて1000人超 岩手でも初確認 新型コロナ

配信

毎日新聞

国内の新型コロナウイルス感染者(29日)

 新型コロナウイルスの感染者は29日、全国で新たに1261人が確認され、1日当たりの感染者が初めて1000人を超えた。これまで感染者が確認されていなかった岩手県でも2人の陽性が判明し、感染者は全都道府県に広がった。

クルーズ船の乗客乗員らを合わせた国内の感染者は計3万4159人となった。死者は4人増えて計1019人。

【図解でおさらい】感染した?と思ったら

 東京都の新規感染者は250人で、感染者が100人を超えるのは21日連続となる。重症者は前日より1人増えて22人だった。他地域でも拡大に歯止めがかかっておらず、大阪府で221人、愛知県で167人、福岡県で101人、沖縄県で44人、京都府で41人、岐阜県で30人、栃木県で16人の陽性がそれぞれ判明し、いずれも1日当たりの過去最多を更新した。

 また、神奈川県(70人)、千葉県(49人)も緊急事態宣言解除後で最多だった。【まとめ・大島祥平】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.