太陽熱利用で地球温暖化阻止!

コロナをバラまくGo Toキャンペーン

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

今日も朝から雨、もう何日太陽が出ていないのだろうか。

 

本当に鬱陶しい。

 

調べて見たら6月18日から晴れの日がないし、しかも毎日のように雨が降るから湿度も高い。

明日は少し晴れ間がある予報だけれど、外れなければ良いのだけれど・・・

 

さて、梅雨の真っただ中だというのに東京のコロナ感染者が爆発的に増えています。

残念ながら日本の梅雨、高温多湿ではコロナは収束するような楽観論は完全に吹っ飛んでしまった。

 

ろくに検査もせず、休業補償もなしで自粛を強要した結果、このざまです。

ただ、これが東京だけの話で済むならいいが、東京から人が移動して地方に感染が広がるのは勘弁してもらいたい。

 

東京に隣接する埼玉や神奈川でも感染者が増えているのは、東京を行き来しているからに違いないわけです。

私は商売は少ししていますが、感染もしたくないし、感染もさせたくないからお世話になっている東京の貿易商とも電話とメールのやり取りだけで済ますようにしています。

 

多くの人ができるだけ人との接触を避けようと努力しているのに、国が国民に補助金やるから旅行に行けとはどういうことか。

そんなの嫌ですよ。

 

栃木県は日光や那須などの観光地、鬼怒川・塩原などの温泉地を抱えているのでそこはお客さんに来てほしいだろうけれど、それ以外は来てほしくない。

来るならきちんとコロナを退治してからにしてほしい。

 

ハッキリ言って迷惑です。

 

コロナ対策がほとんどできていない小池知事を選んだのは東京都民。

コロナが蔓延しても地方に逃げてこないでください。

 

非常に迷惑です。

 

と言うことで、東京都民は地方からかなり嫌われております。

東京ナンバーの車はチェックされているし、東京でしか使われないクレジットカードなどみんな知ってますよ。

 

田舎をうろうろしていると嫌がらせに遭うかも知れません、ご注意ください。

 

10日に過去最多となる243人の新規感染者が確認された都内の新型コロナウイルス感染拡大に、全国の観光地住民も戦々恐々だろう。

今月4日、山形県で60日ぶりに20代男性の感染が確認されたことを受け、吉村知事は「第2波が来たという意識を持って対応したい。(東京都の感染確認が)毎日100人以上というのは地方から見れば脅威。東京都や政府には、地方に移動する際の配慮を検討してもらいたい」と注文をつけた。男性は6月29日に山形県を訪れた東京の友人と一緒に行動し、友人も陽性反応が出た。

また新潟県でも同4日、20代の外国籍男性の感染が判明。男性は感染が確認された知人と東京で会った後、先月30日、新幹線で新潟に戻っていた。

先月19日、全国的な移動の自粛が解除され、経済活動が再開されて以降、しばらく感染者がゼロだった地方で、再び感染が目立つようになった。解除当日、56人だった国内の新規感染者数は9日、355人まで増え、300人を超えるのは5月2日以来のことだ。

国は消費が落ち込んだ地域経済を活性化させるため、「Go To キャンペーン」を実施する。1次補正予算から1兆6794億円を計上し、かつてない規模の旅行商品の割引による観光需要喚起を行う。キャンペーンの柱のひとつ「Go To Travel キャンペーン」は旅行代金の半分(上限1泊当たり1人2万円)のクーポンを付与するというもの。赤羽国交大臣は10日の会見で、今月22日から開始すると発表した。

国交省観光庁総務課の担当者は8日、「8月上旬ごろから実施する予定で準備を進めています。西村コロナ担当相も『県をまたいでの移動は自由です』と言っていますから。開始をいつにするか、発表する時期も決まっていません。事業者からは早く始めて欲しいという声は多い」と説明していたから、急きょ前倒しした格好だ。

コロナ禍で大打撃を受けた観光業を救済するのは国内経済にとって重要なことだが、全国各地の夜の街や職場、会食などでクラスターが発生している。都市部から地方に旅行客がどっと押し寄せたら、さらに「密」になり、地方にウイルスをバラまくことになりかねない。病床数が少ない離島などはパニックになる。

地方経済の支援策がクラスターを招くことになれば、目も当てられない。

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.