太陽熱利用で地球温暖化阻止!

もっと美しく生きたくないか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

昨日、近所のおばあちゃんから電話があった。

用件は、季節外れの梅をもらったのだがADパウダーで洗った方が良いかどうか。

 

まぁ、梅なんて農薬も肥料も使わずにできるものなので気にしなくても良いのではないか。

そう言ったら、あく抜きにもなるからやりたいと言う。

 

そんなことよりも、コロナは大丈夫ですかと聞いてみた。

3月だったか、80歳のおばあちゃんが大田原市内のフィットネスクラブで感染したのが新聞に載った。

 

最近のお年寄りは健康維持のためジムに通うことが多いそうで、感染した場所はホテル内にあるジム。

そこは温泉もあり、東京方面の宿泊客からうつされたらしい。

 

インフルエンザなのでそこまでは仕方がないのだが、問題はそのあと。

コロナに罹ってしまった方は、周囲から非難され結局引っ越したとのことだった。

 

本人が原因ではないのに・・・

 

なぜ、このような不寛容になってしまったのか。

 

昨日からGoToキャンペーンが始まった。

東京から大量に人の移動が始まっているらしい。

 

いや、すでに日光や那須は賑わっていると聞いている。

私は怖くて出かけられないが・・・

 

日本社会はどこか歯車が狂ってしまっている。

 

コロナに感染するのは怖い。

だから、どこに出かけるにもマスクをするのは最低限のマナーではないかと思う。

 

しかし、それだけで感染を防げるわけではない。

感染した人を非難するのではなく、もっと優しい心を持ちたいのに、こんな人がいるのはとても悲しい。

 

誰であろうと、こんな身勝手な人生はちっとも美しくない。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.