太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【絶望】コロナ倒産がはじまった

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

それにしても、このコロナ禍の真っただ中で政府は検察庁法や種苗法の改正を行おうとしている。

しかも緊急性が全くないのに強行しようとし、大騒ぎになっている。

 

もっと真面目にコロナ対策をやれよ!

 

でも、経済に目を向けてみれば大型倒産がとうとう起きてしまった。

日本社会の崩壊が、誰の目にも見える形で始まったのではないだろうか。

 

新型コロナ関連で初の上場倒産、アパレル名門のレナウンが民事再生開始決定

上場企業の倒産は16カ月ぶり スポンサー選定を進め、事業継続する計画

  東証1部上場の(株)レナウン(TSR企業コード:295833440、法人番号:6010701015232、江東区有明3-6-11、設立2004(平成16)年3月、資本金184億7106万460円、毛利憲司社長、東証1部)は、子会社の(株)レナウンエージェンシー(TSR企業コード:291357725、法人番号:8010701021765、同所)により民事再生手続きを申し立てられ、5月15日、民事再生開始決定および管理命令を受けた。管財人には永沢徹弁護士(永沢総合法律事務所、中央区日本橋3-3-4)が選任された。
上場企業の倒産は、2019年1月に山形地裁へ民事再生法の適用を申請した(株)シベール(TSR企業コード:210031050、法人番号:5390001000864、山形市)以来、16カ月ぶり。
負債総額は138億7900万円。

 3月27日、毛利憲司新社長(代表執行役)は、都内で行った就任会見で「新型コロナウイルスで消費は経験したことのないような打撃を受けている」とコメントしていた。

レナウンは、消費増税や暖冬、親会社のグループ会社の延滞した売掛金引当などで2019年12月期(10カ月決算)で2期連続の最終赤字を計上。継続企業の前提に関する注記(GC注記)を記載していた。

なお、レナウンによると「子会社の法的手続きの予定はなく、管財人の下でスポンサー探索を行い、当社グループの事業の維持再生に取り組む」という。

レナウンの株式は5月15日付けで東京証券取引所の整理銘柄に指定され、その後、上場廃止となる見込み。

 

この記事では、倒産の原因は消費税や暖冬などの影響で売り上げが落ちたところにコロナが重なったとあり、昨年の10月の消費増税の打撃が大きかったのは間違いない。

それに加え、政府のコロナ対策への無為無策ぶりは溜息しか出ない。

 

https://twitter.com/suisui417/status/1259027830773477376

 

私も真空管式太陽熱温水器の販売をしていますが、今回の消費増税以降は全く売れなくなりました。

5%から8%、そして昨年の10月からは10%、増税のたびに売り上げが激減し、回復基調になると再度の増税ではやってられない。

 

https://twitter.com/aVuhO1C6fvZoA0L/status/1261424232379998208

 

#安倍晋三を呪う

二度も消費税を上げやがって、呪ってやる!

 

500万人ツイートデモ、日弁連や元検事総長から糾弾、官邸前デモ、議事堂前デモに加え「桜」問題で告発されるって、、、かつてこれほど恥ずかしい総理大臣が存在しただろうか。

 

そりゃ、こんなろくでもない総理大臣はいないし、弁護士だって黙ってなんかいられない。

検察は沈黙していないで、悪党どもを逮捕しろ!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.