太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【キュウリがピンチ】オカモノアライガイが大量発生

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

毎日ジメジメした天気が続きます。

そんな中、我が家のキュウリがオカモノアライガイの食害にあっています。

 

被害がひどくなったのは今月に入ってから。

最初はあまり数がいなかったので少し喰われても目立ちませんでしたが、3本植えたもののうち1本が突然枯れました。

 

病気でもないし虫にやられた様子もない。

なぜ枯れたのかしばらく分かりませんでした。

 

オカモノアライガイ

 

でも、ようやく気付きました。

 

遅い!

 

確かにそうですが、私は基本的に虫は殺しません。

キュウリにはカメムシもたくさん来て悪戯しましたが、駆除は一切しませんでした。

 

なので、このカタツムリのようなオカモノアライガイも同じように扱っていたのです。

 

ところが、突然3本のうち1本が枯れました。

元気でたくさん実をつけていたのに・・・

 

病気にかかった様子もないし、茎も虫に食われていません。

根も抜いてみましたがしっかりしていました。

 

観察すると、キュウリの茎や葉、実にすごい数のオカモノアライガイがくっついて食べています。

小ぶりのキュウリは、皮をなめられてボロボロになっています。

 

となれば、大量のオカモノアライガイが茎に取り付いて栄養を奪ったために突然死したと考えても不自然ではないでしょう。

ネットで調べてもそのようなケースは見つかりませんが、間違ってはいないと思います。

 

そのため、残りの2本は徹底的に払い落としているので現在はまだ無事です。

でも、朝にはまた戻っています。

 

晴れてくれればどこかに行ってしまうのですが、この天気では当分は付き合わなければならないようです。

来週もまだ梅雨は開けそうにもなく、憂鬱な日々が続きます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.