太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【危機管理】いざという時のために食料は少しでも自分で作ろう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

さくらが咲き始めていますが、我が家のイチゴ(とちおとめ)の花も咲きました。

まだ不織布をかけたり、外したりして寒さ対策が必要ですが、そのうち真っ赤な実をつけてくれるでしょう。

 

さて、そんな春爛漫ですがコロナ騒動は収まるどころか、ますます拡大しています。

東京都知事からロックダウンなどという物騒な言葉が出てきましたから、もう大変、記者会見後からスーパーなどにお客が殺到したらしいです。

これでは、品物はあります買い占めはやめましょうなどと、のんびり構えていると必要なものが手に入らなくなる可能性がありますね。

 

ま、それは東京とか周辺の都市部だけで田舎ではそれほど心配はありませんが、政府がいよいよ緊急事態宣言を準備中との報道です。

やりますよ、必ず。

なぜって、あいつらはこれをやるためにPCR検査もろくにやらず、感染拡大を容認してきたわけですから。

 

安倍総理が政府対策本部の設置を指示、「緊急事態宣言」が可能に

新型コロナウイルスの感染拡大に関して、加藤厚生労働大臣が安倍総理大臣に対し「蔓延のおそれが高い」と報告した。これを受け、安倍総理は特別措置法に基づく「政府対策本部」の設置を指示した。条件を満たせば「緊急事態宣言」が可能になる。

ただ、政府高官は「直ちに宣言を出すことは 考えていない」と強調していて、あくまで感染拡大に備えた措置だと説明している。(ANNニュース)

最終更新:3/26(木) 12:48

 

と言うことで、ロックダウンして世界から食料が入って来なくなっても困らないように野菜の苗を買ってきました。(笑い)

今回はブロッコリーと白菜、そしてスナップエンドウです。

 

 

いつもの年なら4月に入ってからですが、今年はもう桜が咲いているような状態なので早めに定植しました。

ただ、朝晩は冷え込むことが多いので、イチゴ同様霜対策として不織布をかけなければなりません。

 

なお、右側の白い液体はADパウダーを水で溶いたものです。

これを植える前に根元にかけておけば、ほとんど病気にならないだけでなく、元気に育ってくれます。

肥料は特別やりませんが、生ゴミ+米のとぎ汁乳酸菌で作ったぼかし堆肥を少量使います。

 

 

我が家の東側には小さな土の用水路が流れていて、ちょっとだけ開放的になっています。

これまでは、柿の木やソルダムの枝で日陰になって、あまりできは良くなかったのですが、昨年の暮れに枝を払った結果、非常に日当たりが良くなりました。

植物は日照がないと良くできないので期待は大きいです。

 

ブロッコリー

 

スーパーや直売などで購入するブロッコリーは、ADパウダーで洗うとかなり変なものが浮いてきて嫌なので、今年からなるべく買わずに作ることにしました。庭先にあるととても便利ですからね。

 

白菜

 

それから白菜ですが、春蒔きは初めてです。

アブラナ科は、どうしても虫にやられやすいのですが、庭先なら管理も行き届くのでなんとか大丈夫と思っています。

 

スナップエンドウ

 

これは、サヤエンドウではなくスナップエンドウです。

実が甘いので好き嫌いはありますが、茹でてマヨネーズで食べるのが一番美味しいのではないでしょうか。

1ポット70円で少々高いですが、たくさんなるので種を買うより無駄がないと思って買ってみました。

 

 

いずれにせよ、今回のようなパンデミック(世界的流行)で世界から食料が輸入できなくなってしまったら大変です。

冗談ではなくて、これまでは考えられなかったことが今現在起こっているのです。

そして、いつまで続くのか、いつ収束するのかは誰にも分かりません。

 

コロナ騒動でグローバリズムという地球主義は終ったという人がいます。

あまりにも人の移動が増えすぎたために、ある地域の風土病であったものが全世界で蔓延してしまった。

 

今後それを防ぐために、世界は過度な人の移動を制限する必要に迫られます。

 

もし、それをしなければ何度でもパンデミックは起こってしまうのでしょう。

鎖国までする必要は無いとは思いますが、最低でも食料は自国で生産するのが筋だろうし、観光についても日本人が出かけられないほど外国人が押し寄せるなどは論外です。

当然ですが、政治も変わらざるを得ず、日本人も同様に変わらなければならない局面に来ているのではないでしょうか。

 

そう考えると、以前から多くの人が主張しているように、やはり、なにごと地産地消が良いようです。

食料だけでなくエネルギーも同じですよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.