太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【コロナ倒産?】政治が間抜けだから失業者が街に溢れる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

景気がどんどん悪くなっています。

本当に厳しい状況です。

 

私も細々と太陽熱温水器の販売とネットショップをやっていますが販売は全く振るいません。

うまくいかないのは、停年起業(2013年)なので真剣さも足りないのかもしれませんが、ここまでの7年間にだいぶ投資しているので回収できないままに撤退することはそう簡単な話ではありません。

 

そして、この7年の間に2度の消費税増税があり、そのたびに売り上げが大きく落ち込みました。

それでも細々とやって来られたのは、店舗を構えず、太陽熱温水器の在庫をし、赤字を増やさなかったことが大きな要因です。(倉庫は作ったのですが)

でなかったらとっくに廃業していたはずです。

 

それにしても大阪、6月だけで163件とは凄い倒産件数です。

たぶん、昨年10月の消費増税で売り上げが落ち込んだところにコロナでとどめを刺されたのは間違いないと思います。

 

結局、政治がパフォーマンスだけで間抜けだからこうなったことは否めません。

なのに大阪府、大阪市のトップがなぜか人気です。

 

大阪の皆さん、こんなんで本当にいいんですか?

 

言いにくいことですが、世の中の多くの人は現実が目の前になければ判断できません。

だからこそ、未来を予測して正しくリードできる優秀な政治家を選ぶ必要があるんです。

 

大阪だけでなく、今回の不況は明らかに予測できるもので人災、政策をきちんと検証する必要があります。

 

 

6月の倒産件数『大阪府が全国最多163件』飲食業や観光業以外にも倒産の波

大阪府内の企業の倒産件数が今年6月だけで163件と全国最多に上ることがわかりました。倒産の波は飲食業や観光業以外にも広がり始めているといいます。

帝国データバンクによりますと、近畿2府4県で6月に起きた企業倒産の件数は254件で、このうち大阪府は163件と全国最多の件数だということです。新型コロナウイルスの影響で倒産した件数は6月だけで16件、今年3月~7月7日までの累計で55件だということです。

東京商工リサーチによりますと、6月は新型コロナウイルスで来客数が減った飲食業の倒産件数の割合が最も高かったということです。

「今までは飲食店とかホテルとかのサービス業中心だったんですけど、今後は製造業にも(新型コロナの)影響が波及してくるだろうなと。」(東京商工リサーチ関西支社 山本浩司情報部長)

今後は受注件数の減少などで製造業や建設業などでも倒産が起きるとみられています。

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.