昨夜は朝方まで台風並みの強風が吹き荒れ、あまりの轟音に何度も夜中に起きてしまいました。

朝起きて家の周りを点検したところ、特に被害はなくホットしましたが嫌なものです。

 

4月は当初暖かかったのですが、中旬から天候不順で寒い日が続きましたので、止めるはずだった太陽熱暖房もずっと稼働させていました。

昨日で低気圧が去り、これからは暖かくなりそうなので昨日で終了させましたが、5月の連休あたりまでは時々寒い日がありますので、その時はスイッチを入れることになります。

 

話は変わりますが、最近になって今年はセリを食べていないことに気がつきました。

いつもなら3月ごろから農産物直売所に出てくるのですが見当たりませんでした。

数が少ないのでタイミングが合わなかったのかも知れませんが、寒い時期の物は味が濃いものの、枯葉や泥がたくさんついているので食べるまでにかなりの手間がかかります。

 

まぁ、今年は仕方がないねと諦めていましたが、昨日、我が家の東側の土手下にたくさんのセリが生えているのを発見しました。

これまでもあったのでしょうが、ほかの草に埋もれて気がつかなかったようです。

キレイな水が流れている用水路(土水路)に生えているので、汚染などの心配は全くはありません。

 

また、大きく育っているため茎が柔らかく見るからに美味しそうです。

あの独特の香りはやや弱くなりますが、爽やかさや歯切れは格段に上だと思います。

 

大田原市は那須野が原扇状地の先端部にあたり、伏流水が自然に湧き出てくるところとして有名です。

地元の人はそれが当たり前ですが、私のように他所から来た人間にとっては非常に魅力的で、家を建てるときに決めたのはこのことでした。

特に望んで水路のある土地を選んだわけでもないのですが、傍を流れる用水路は少し上流の湧水からきています。浅層地下水なので飲めるほどではないにしても、ほかの地域の用水の水とは全く違います。

 

さて、セリは田んぼの土手や水路など水分の多い場所に生える野草ですが、汚れていない場所で採取した物の方が安全であることは言うまでもないことです。

売っているものはどこで採ったのかは分かりませんからね。

 

 

食べ方は、てんぷらにするのが一番好きなのですが、面倒なので茹でて鰹節をかけていただきました。

もう1回くらいは食べられるのではないかと思います。

 

#山菜 #セリ