自然エネルギー利用は未来の生活のために

【2021.3月度 太陽熱温水器昇温報告】朝の水温が10℃を超えてきました。

2021/04/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
ライフLABO(とちぎエネット)代表 太陽熱利用アドバイザー 真空管式太陽熱温水器を使った給湯や暖房で省エネ生活実践中。趣味は家庭菜園と季節のジャムづくり 栃木県在住。

 

今日から4月ですが、とっくに桜も咲いて暖かくなったと言うよりも暑いくらいの日が多くなりました。

やはり地球温暖化は進んでいると思うと不安もありますが、気持ちが良いのは間違いがありません。

 

さて、3月は晴天が多く暖かい日が多かったことや、徐々に水温も上がってきているため到達温度も高くなりました。

2021.3月

 

今月は気温が高く暖房が必要のない日については、暖房熱を温水器に回す操作を積極的にしました。

その結果、平均到達温度は29.2℃と非常に高いものとなりました。

お風呂のお湯張り温度が41℃なので、いくらも沸かさないで済みますので大助かりでした。

 

一方、朝の水道水の温度は後半になって10℃を超えてきたものの、平均で9.2℃にとどまりました。

まだまだ冷たいです。

 

なお、上昇温度の平均は19.9℃で、これから水温が上がれば楽に20℃は超えると考えられます。

 

まとめ

 

ちなみに2月の平均温度は以下でした。

朝の水温  5.7℃

夕の水温 26.0℃

平均上昇 20.3℃

 

朝の水温の変化が到達温度を押し上げた結果になっていますが、太陽熱暖房からの熱を使った日が14日もあることから実際にはかなり落ち込んでいたわけです。

昨年まではこのような操作は行っていませんでしたので、かなり燃料を節約できています。

 

具体的には、3月中に灯油を購入したのは80ℓ。

暖房に20ℓ使ったとして、まだ30ℓ程度残っていますから給湯に使ったのは30ℓとなります。

灯油が若干値上がりしてきていますが、30ℓ×71.7円/ℓ=2,151円でした。

 

3月は気温の上昇とともに水温も徐々に上がってきますが、2月に較べると天気が良いように見えても、薄雲があったりして思ったようには温度上昇はしません。

真空管式の太陽熱温水器の特徴として、空気の澄んだ晴天の方が気温に関係なく温度が上がります。

 

これから暖かくなると真冬のような晴天ではないので温度上昇率は低くなりますが、その分以上に水温が上がってくることと、放熱ロスも低くなります。

その結果、到達温度は更に高くなっていきます。

 

4月は天候次第ですが、もう少し燃料消費が減るものと期待しています。

 

#自然エネルギー #太陽熱 #真空管式太陽熱温水器

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
ライフLABO(とちぎエネット)代表 太陽熱利用アドバイザー 真空管式太陽熱温水器を使った給湯や暖房で省エネ生活実践中。趣味は家庭菜園と季節のジャムづくり 栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2021 All Rights Reserved.