太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【2020.3月度】太陽熱温水器の昇温報告

2020/04/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

とちぎエネットです。3月の昇温結果を報告します。

 

3月は、2月よりも暖かく日差しも強く採熱力も上がりますので、初の40℃到達を期待していましたが残念ながらだめでした。

ちなみに、2月よりも朝の温度は平均10.2℃で2.2℃上がり、到達平均温度は26.6℃でプラス2℃という結果になりました。

 

2020.3月度

 

2020.2月度

 

(考察)

2月の天気をみると、朝の冷え込みは強いものの晴れの日が多く、雨の日は1日(2/16)しかありません。

それに対し、3月は雨や曇りで温度上昇が全くないか、あっても僅かな日が8日もありましたので温度上昇の平均値を押し下げたのは仕方のないところです。

 

それから3月は暖かい日が多かったので、18日から太陽熱暖房を午前中で止め、その熱を循環系路に送っています。

採熱器からくる熱を、黒い配管の方(冷水)にステンレス管を沿わせてあります。

 

 

この区間の水が暖かくなれば、循環ポンプが動いてタンクまで熱を届けるという考えですが、果たしてどれほどの効果があるかはかなり疑問ですが、かなりの熱量があるので何とかしなければなりません。

 

 

3月は配管方法が試行錯誤だったため、保温が完全でなく、あちこちから熱が逃げてしまいはっきりとした効果が確認できていません。

30日に保温は一応完了したのですが、それから太陽が出ていませんので、これからじっくり検証していきたいと思っています。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2020 All Rights Reserved.