太陽熱利用で地球温暖化阻止!

陽射しが強くなったのを実感

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元農業土木技術者。農地、水路、道路などの測量設計から現場監督まで42年間携わりました。自然環境に興味があり、長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感し定年後は、環境製品の販売を第二の職業にしています。1952年生まれ、栃木県大田原市在住。趣味は写真、音楽、読書、DIY。

 

昨日は馬鹿に温かかったけれど、今日5日もかなり暖かい。

現在午後の2時過ぎ。

外の気温は、温度計を見たら10℃でさほど高い気温とはいえないが、空は晴れ、風も穏やか。

 

こうなると家の中は太陽熱暖房だけで十分。

石油ストーブはお湯を沸かすのに朝だけ使うが、夜には出番がない。

 

ガスでお湯を沸かすなんてバカバカしいから、真空管でのお湯沸かしを昨日から再開した。

 

 

先月までは太陽の位置が低く、エネルギーも弱いから真空管を起こして正対させないとなかなか沸かなかった。

しかし、今は動かさずに沸騰まで簡単にいってしまう。

 

なお、陽射しも強くなっているけれど、キャップを変えたことで放熱が少なくなったことも大きい。

なんと言っても、サーモプロテクトを使って熱を反射させているからね。

 

小さな太陽ポットで集熱と放熱を考える

 

 

いまは太陽でお湯を沸かしてコーヒーを飲むことぐらいだが、今年は時間が取れそうなので、いずれもう少し面白いことをやってみたい。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元農業土木技術者。農地、水路、道路などの測量設計から現場監督まで42年間携わりました。自然環境に興味があり、長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感し定年後は、環境製品の販売を第二の職業にしています。1952年生まれ、栃木県大田原市在住。趣味は写真、音楽、読書、DIY。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2019 All Rights Reserved.