太陽熱利用で地球温暖化阻止!

東北電力でも太陽光発電の出力制限。もはや原発どころか火力も不要に?

2019/09/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
健康で穏やかな生活がテーマです。省エネの方法やDIY、家庭菜園、健康になるための方法などを書いています。1952年生まれ。栃木県在住。

 

とちぎエネットです。

 

もう太陽光発電が止まりませんね。

東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に

東北電力は、12月7日、ホームページ上に「出力制御の準備に向けたお願い」を掲載。今秋、再生可能エネルギーの出力制御を実施した九州電力に続き、将来的には東北電力管内でも出力制御が行われる見通しを示した。

東北電力管内(東北6県・新潟エリア)では、再エネ発電設備の導入が急速に進み、2018年10月末時点で562万kWが接続済み(太陽光発電と風力発電の合計)だという。

再エネ発電は、天候によって発電量が左右される。東北電力管内では、現在のところは火力発電の抑制や、揚水発電の運転、地域間連系線による広域的な系統運用などにより、再エネ発電も含めた需給バランスを維持している。

だが将来的に、それらだけではバランスを取り切れず、供給力が需要を上回る可能性がある。東北電力の資料によると、2019年のゴールデンウィークにおける太陽光・風力の合計出力は、最大でエリア需要の65%に達する見通しだ。今年・2018年度の実績は、最大でエリア需要の54%で、再エネ比率は高まっている。

供給力が需要を上回る場合には、再エネ発電の出力制御を行う必要がある。そうした事態に備えて、東北電力は、出力制御に向けた準備を始めるよう訴えている。今回のリリースのほか、対象となる発電事業者に向けて、年明けからダイレクトメールを発送予定。なお、10kW未満の太陽光発電については、当面、出力制御の対象としない見込みだ。

再エネ発電の出力制御は、今年、九州電力が既に複数回実施。そのほか、現在までに出力制御の準備を呼びかけているのは、今回の東北電力に加えて、中国電力、四国電力、沖縄電力と、合計5社に及ぶ。このうち、原子力発電を稼働しているのは、四国電力(伊方発電所3号機)のみとなっている。

 

太陽で電気が起こせるなら、誰だってそうします。

今、メガソーラーがあちこちで森林破壊とか問題になってますけど、原発に比べたら可愛いものです。

 

何しろ、メガソーラーが壊れたって誰も死にませんし、環境にそれほど悪い影響を与え続けるとは思えない。

 

まあ電力会社とすれば、急激に太陽光発電が増えて現状の施設との調整が難しいのは分かるけ、そんなことは最初から知っていたはずだ。

 

電力会社のような大会社が分からないはずがない。

まぁ、取ってつけたような理屈でいくらすっとぼけても、原発なんてもう不要であることは間違いない。

 

それから、これまで火力発電はあまり話題にならなかったけど、外国から石油や天然ガスを大量に輸入しなくても良くなるから必然的になくなっていくはず。

 

これは地球環境、人類にとっては非常に喜ばしい。

 

これからはもっと自然エネルギーが増えてくるだろうから、電力会社も大変だ。

ま、同情はしないけど。

 

私は近い将来、基本料金だけ契約するような太陽光発電か風力発電を考えている。

できれば風力がいい。

太陽が出ていなくても風は吹くからね。

 

まぁ、自然エネルギーは電気だけではないが、自分で作るのは何でもいい。

畜電池だって、その気になれば手に入るし。

 

近未来では、電気の地産地消が起こるはず。

遠くまで運ばなくても、その場で発電して消費する。

 

今だってできるけど、ちょっとお金が足りないか。

お金のある人はどんどんやってください。

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
健康で穏やかな生活がテーマです。省エネの方法やDIY、家庭菜園、健康になるための方法などを書いています。1952年生まれ。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2018 All Rights Reserved.