太陽熱利用で地球温暖化阻止!

冷風扇は 本当に涼しいか? 長年の疑問が解消!

2019/07/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元農業土木技術者。農地、水路、道路などの測量設計から現場監督まで42年間携わりました。自然環境に興味があり、長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感し定年後は、環境製品の販売を第二の職業にしています。1952年生まれ、栃木県大田原市在住。趣味は写真、音楽、読書、DIY。

 

暑い夏になると毎年気になっていたのが「冷風扇」。

 

扇風機は、気温が30℃超えたら熱い風しか来ない。

エアコンをつけっぱなしでは風邪を引く。

 

世の中、なかなかうまくいかないもの。

そこで気になっているのが「冷風扇」です。

 

昔から新聞広告やらで見かけたりしますが、普及しないのはやっぱりイマイチなんだろうと思ってました。

でも、Tポイントが貯まっているので買っちゃいました。

 

冷風扇

 

打ち水をしたような爽やかな風!

 

ま、そんな謳い文句でしょうか。

原理は、水が気化するときに熱を奪うのを利用して冷風を作り出すというもの。

 

夏の夕方に水を撒くと、一瞬ですがサーッと風が来る。

あれですね。

 

確かに、話は分かるのだけど本当かな?

 

(目次)

  1. 打ち水の効果
  2. 冷風扇の原理
  3. 何度の冷風が出るか
  4. 電気代が安い
  5. 結論

 

1.打ち水の効果

 

最近こんな記事を見つけました。

小池都知事、東京五輪へ向け「打ち水」協力呼び掛け

小池百合子都知事は23日、東京・日比谷ミッドタウンで行われた打ち水イベントに参加し、20年東京オリンピック(五輪)・パラリンピックに向けた暑さ対策の一環として、江戸由来の「打ち水作戦」を活用する意向を示した。

 

まぁ、これも話は分かるのですが、東京オリンピックに向けてがだめですね。

江戸由来とまで言うなら、普段から推奨していたのでしょうか。

突然、打ち水をやりましょうと言われても困りますよね。

 

ま、東京都民ではないから関係ないですが・・・

 

しかし、私は誰に言われなくても毎日夕方にやっております。

撒く水は自家水。

水温は16℃くらいかな。

 

夕方の水撒き

 

このところ雨が降らないので、焼けたコンクリートやアスファルトの舗装面に撒くと、サーと爽やかな風が吹いてきます。

風はすぐに止んでしまいますが、良いものです。

 

つまり、冷風扇はこのような効果を狙っているわけです。

 

2.冷風扇の原理

 

冷風扇の仕組みはいたって簡単。

ラジエーターに水をポンプで汲み上げて通し、そこに風を送る。

ただそれだけ。

 

冷風扇の原理

 

※写真は、購入したお店のサイトからお借りしました。

この画から分かるように、水の温度が低いほど冷風が出ますから、保冷剤や氷を入れれば更に冷たい風が出るのは当然です。

 

3.何度の冷風が出るか

 

では、何度の涼風が出るのか確認してみましょう。

室内の温度は、8時50分に31℃近いです。

むちゃくちゃ暑い!

 

 

タンク内の水の温度は24℃。

 

 

出てくる風の温度を測ると28.4℃。

気温よりも2℃前後低い風がきています。

 

 

次に、付属の保冷剤を入れてみましょう。

 

 

付属の保冷剤は小さいので、あまり期待は持てませんが・・・

 

 

それでも、さらに0.3℃下がりました。

 

 

たったの2℃か、ちょっと期待はずれ。

まぁ、そもそもの空気が熱いので仕方が無いですが・・・

 

4.電気代が安い

 

今回購入したのは直流型なので電気代がかなり安いようです。

 

 

1ヶ月使っても168円とは安い!

一日8時間というのは、ず~と使う時もあれば短時間しか使わないときもありますから、平均で8時間は妥当なところかもしれませんね。

 

しかし、直流モーターは電気食わないんですね。

そこは感心しました。

 

5.結論

 

私は、とりあえず気に入りました。

扇風機は風を送ることで体の表面温度を下げ、涼しく感じさせるわけですが、気温が30℃ともなると涼しくは感じなくなります。

 

その点、冷風扇は僅かとはいえ涼しい風が届きます。

ただ、今年のように34℃にもなると、エアコンでも涼しくないですから、過度の期待はしないほうが無難です。

 

いずれにせよ、地球温暖化阻止にいくらかでも貢献したいので、エアコンの稼動時間を少なくするため冷風扇を使いたいと思います。

 

(追加報告)

現在、午後3時半ですが、室内の気温は33℃と猛烈に暑いです。

実験開始から6時間以上経過しました。

 

 

冷風扇からの風は、なんと29.3℃をキープしています。

保冷剤が入っているので当然とは言え、4℃近くの差はなかなか大したものです。

 

 

(追加報告2)

8月4日、午後2時。

今日も気温は、室内で33℃と素晴らしい温度になっています。

ちなみに外の気温は、ほぼ40℃。

 

外に出られない。

 

 

冷風扇は早朝からつけっぱなし。

 

 

出てくる冷風は30℃で、気温との差は3℃。

こんなに高い気温なのに、近くに置けばやはり涼しいです。

しかも今日は水だけ。

 

エアコンをつけずに、こうしてパソコンのキーボードを叩けるのはあり難い。

それから電気代を気にしなくてもいいですからね。

 

(注意)

注意点は水を一日で使い切ること。

水抜きがないので、水が残っている場合はタンクを外して水をこぼします。

この機種だけかもしれないですが、これはちょっと面倒です。

 

放置すると水は腐り、カビが生えます。

エアコンや加湿器でも同じですが、カビは湿気のあるところはどこでも生えます。

そのまま使っていると、カビの胞子が飛んで気管支炎などの原因ともなりますので、くれぐれも清掃してからしまいましょう。

 

私は、カビ対策としてADウォーターを少し入れています。

何回かシュッとやっとけばカビやバクテリアが発生しません。

タンクを清掃した後も必ず吹き付けています。

 

ADウォーター

 

ADシリーズは下記のサイトで購入できます。

Yahoo!ショッピング

BASE

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元農業土木技術者。農地、水路、道路などの測量設計から現場監督まで42年間携わりました。自然環境に興味があり、長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感し定年後は、環境製品の販売を第二の職業にしています。1952年生まれ、栃木県大田原市在住。趣味は写真、音楽、読書、DIY。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2018 All Rights Reserved.