太陽熱利用で生活に豊かさと安らぎを!

【お風呂掃除が楽になる】ADパウダーを入浴剤として使えば洗剤不要

2019/02/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元農業土木技術者。農地、水路、道路などの測量設計から管理監督まで42年間携わりました。自然環境に興味があり、長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感し、環境製品の販売を第二の職業にしています。1952年生まれ、栃木県大田原市在住。趣味は写真、音楽、読書、DIY。

 

こんにちは、とちぎエネットです。

 

毎日のお風呂掃除、面倒ではありませんか。

実際には大した仕事ではないものの、狭い空間で洗剤を使ってゴシゴシやるのは案外疲れるものです。

 

我家でも私が当番なので毎日やってますが、嫌な仕事の一つです。

なぜ嫌なのかは良く分からないのですが、狭い場所だけでなくヌルヌルしていたり、黒カビが生えていたり、そんなところでしょうか。

 

これまでの掃除の仕方は、お風呂の洗剤で浴槽と床やカランなどを洗い、水を流してお終い。

でも、コーキングは黒カビで真っ黒、床のタイルはヌルヌルなのは仕方がないと思っていました。

 

しかし、こうした掃除のやり方が実は黒カビを発生させていたんですね。

 

水分を良く拭き取らないことや、温度が常に高いことがカビの発生原因になっているわけです。

最近はユニットバスなので、清潔感も高いので更に手を抜きがちですが、やはりコーキングに黒カビが入り易い。

 

そして、黒カビが入ってしまったら「カビ○ラー」で退治するわけですが、これがまた厄介です。

塩素系の薬剤なので、取り扱いに注意しないと目や喉をやられます。

私もずいぶんと酷い目にあいました。

 

なので、できればこのようなものを使わないようにしたい。

そして、ようやく見つけたのがこれです。

 

ホタテの粉(水溶液)で入浴しよう!

 

ホタテの粉(ADパウダー)を入れて入浴する。

アルカリ温泉と同じ効果で、弱アルカリ性は美肌効果もあると言われ、温まりやすく血行が良くなります。

 

でも、お風呂掃除と関係あるの?

実は、細菌類はこの成分を嫌うらしく黒カビやバクテリアがいなくなってしまうのです。

つまり、ADパウダーで入浴すると、体が温まるだけではなく細菌類がいなくなるので、お湯だけでなくお風呂場全体が汚れにくくなっていきます。

 

最初は気がつきませんでしたが、だんだんに洗剤を使わなくてもいいのではと思うようになりました。

ヌルヌルもしないし、フィルターは何ヶ月経っても全く汚れないのです。

それまでは定期的に掃除しないと真っ黒だったのに・・・

 

それから3年、一度も洗剤を使って掃除をしていません。

掃除に要する時間は、タワシとスポンジでこすり、雑巾で簡単に拭いて終わり。

実に楽になりました。

 

もし良かったら実践してみてください。

 

目次

  1. お風呂の残り湯は雑菌の天国
  2. 我家の残り湯はなぜキレイ?
  3. お掃除も洗剤いらず!
  4. 抗菌力の証明
  5. 洗剤を使わないお風呂掃除
  6. まとめ

 

1 お風呂の残り湯は雑菌の天国

 

どこの家でもお風呂には何人も入るわけですから、最後の方に入る時はかなり汚れていると思わなければなりません。

実際に白濁しているはずですが、それは石鹸分ではなく雑菌類が爆発的に繁殖している可能性もあります。

 

こんな記事を見つけました。

実はこんなに汚れている!風呂の雑菌ポイント大掃除術

 

さらに、こんな記事も。

菌の繁殖力は物凄いですから、ご一読をお薦めします。

生活と微生物

 

 

 

このようにお風呂の残りお湯は汚れています。

なので、これで洗濯してはダメなのは言うまでもありませんね。

 

2 我家の残り湯はなぜキレイ?

 

こう言ってはなんですが、日本のお風呂は、最初の人以外は汚れているお湯に入っているわけです。

大家族だったら、これはもう・・・

皮膚病に感染するのは、案外こんなところからかも知れませんね。

 

しかし、我家のお風呂は違います。

毎日、大人3人が入りますが実にキレイです。

 

透明感のあるお風呂の残り湯

 

この写真は翌日の朝9時ごろに撮ったものですが、とても澄んでいるのが分ると思います。

普通なら白く濁っているはずなのですが、なぜか清流のような清潔感がありますね。

 

実はこれを使ってます。

 

AD水溶液

 

これは、ADパウダーを水に溶いたもので、入浴剤の代りにキャップ4~5杯ほど入れています。(濾す必要はありません)

作り方は、水1ℓに1グラム。

2ℓのペットボトルなら2グラムをいれて、良く振ります。

 

そうすると、pH12以上の強いアルカリ性の水溶液ができます。

pH12以上と言っても、火傷するようなことは一切ありませんので大丈夫です。

 

4 抗菌力の証明

 

この資料は、公的機関で試験されたデータです。

pH12以上の水溶液の中では、ほとんどの菌(カビや大腸菌、ノロウイルスなどを含む)が生息できない(死んでしまう)結果となっています。

 

抗菌性の試験データ

 

しかし、今回はお風呂に少しだけ入れるだけなので、pH12どころか普通の水とほとんど変わりませんからそれほどの殺菌力などあるはずもありません。

 

浴槽のお湯 200ℓ(200,000ml)

AD水溶液 60ml(やや多め)

60/(200,000+60)=0.00030

 

0.03%くらいしかないのに雑菌が繁殖しないのはどうしてでしょうか。

不思議です。

たぶんホタテの成分は、細菌の嫌がる物質なのだろうと想像しています。

 

5 洗剤を使わないお風呂掃除

 

ここ3年間洗剤を使って掃除していない。

 

排水口のゴミ受け

 

排水口の蓋の裏側

 

湯船の給湯管の蓋。掃除は一切していないがカビはない。

 

給湯管の出口にもカビはない。

 

半年以上使っているタワシ。磨り減るだけで腐らない。

 

 

ここで、ちょっと面白い発見をしました。

使っているタワシが一向に腐らないのです。

ゴシゴシやっていますから磨り減っていくのは当然としても、普通なら腐ってしまうはずなのですがいつになってもその様子がありません。

 

他にも浴槽をこするのにスポンジを使っています。

プラスチックは当然腐りませんが、一ヶ月もしないでボロボロになってしまいしょっちゅう取り替えなければなりません。

それなのに、タワシは半年以上経っても腐ることなくまだまだ使えそうです。

 

それから、もう3年以上もお風呂の洗剤を使っていません。

スポンジとタワシでこすり、壁は固く絞った雑巾で拭くだけ、面倒だった風呂掃除は簡単に終わります。

 

まとめ

 

以上、私のお風呂掃除をご紹介しました。

要するに、汚れとは細菌の繁殖によって生じるものなので、細菌が繁殖できない環境であれば汚れないことになります。

 

これまでは様々な石鹸や薬剤を使ってキレイにすることしか考えて来ませんでした。

私たちは「ばい菌」と言う名称で忌み嫌いますが、彼らがいなくなることは私たちも生きていけないことも知っておかなければなりません。

 

そうであれば、殺菌剤などで殺したりせず、彼らが嫌うような環境を作ることが重要なのではないでしょうか。

自然界には、人間にとって都合の良い菌もいれば、反対に病気の原因となる菌もいます。

 

自然を大切にするとは、「生活環境の棲み分け」が大切と思います。

ADパウダーは、ホタテ貝の貝殻です。

貝殻が腐らないことの神秘性もまた興味を惹かれるところでもあります。

 

ADパウダー(ホタテ貝殻焼成カルシウム)100g  1,250円

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元農業土木技術者。農地、水路、道路などの測量設計から管理監督まで42年間携わりました。自然環境に興味があり、長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感し、環境製品の販売を第二の職業にしています。1952年生まれ、栃木県大田原市在住。趣味は写真、音楽、読書、DIY。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎe-net , 2018 All Rights Reserved.