太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【融雪】ソーラーエアーヒーターは熱源として使いやすい

2019/12/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

 

とちぎエネットです。

 

関東ではたいして雪は降らないから、積雪の多いところの苦労は分からない。

数年前に長野県の工務店から、駐車場の融雪に太陽熱温水器が使えないかとの相談があり、いくつか提案したのだが、話はそこで終わってしまった。

 

タンクレスのPCM温水器を使ったものだったけれど、この製品はすぐに生産中止になってしまった。

製品は良かったのだが、あまりにもシンプルで、見た目の豪華さもないのに値段が高いから売れなかったのかもしれない。

願わくば、もう少し小さいもので復活してくれるといいのだが、メーカーはやる気が無いようだ。

 

先日、北海道の建築士から太陽熱温水器を駐車場などの融雪に使っていて、かなり早く雪が融けるとの話を聞いた。

使っている太陽熱温水器は、真空管式ではなく平板型らしいが、それでも効果は大きいという。

 

しかし、寒い北海道で水を使う太陽熱温水器は使いづらいのではなかろうか。

どうしても凍結が心配であるし、積雪が多いとメンテナンスもやりにくい。

分離分割型なら循環系に不凍液を使うのでタンクを室内にすれば凍結の心配はないが、価格にびっくり、300Lの平板型で150万円もするそうな。

 

まぁ、それで売れれば良いだろうけれど・・・

 

その点、ソーラーエアーヒーターは空気循環なので凍る心配はない。

例えば、駐車場の融雪をしたいなら配管に砕石を巻いて舗装をし、電動ファンを使って熱風を循環させる。

PCMだから、蓄熱分は夜間が心配な時にも使えるから便利だ。

 

なお、夏はタンクを用意してお湯を沸かすか、農産物の乾燥などに使う手もある。

いずれにしても、アイディア次第で色々なことに使える。

 

たまたま、大きな生簀で錦鯉を飼っている方から、池の水温を太陽熱温水器で上げたいとの問い合わせが来たのでPCMをお薦めしておいた。

以前なら、分離分割型でお湯を作り暖め循環させる方法しか考えられなかったが、現在はそんな面倒なことは必要ない。

 

熱は太陽から簡単に取り出せるので、あとはどのようにして散熱を防ぎ、水温を上げるか。

もう少し具体的になったらアップします。

 

里の黄葉も本番。

やはり、青空だとつい写真を撮ってしまう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元地方公務員。農業土木技術者。農業基盤整備の設計・施工に係わること42年、そのノウハウを生かして自然エネルギーの有効利用を考えています。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2019 All Rights Reserved.