自然を使えば豊かになれる

【農薬は必要悪?】秋のキャベツは、暑い夏を越してきたから農薬がたっぷりかかっていると思ったほうがいい。

2018/11/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
野の花が好きで、那須山を中心に八方ヶ原などを長年撮影をしてきました。定年後は、その経験を少しだけ生かして自然な生き方を模索しています。アップする記事は、そのほとんどが経験や実験に基づくものです。コマーシャリズムに流されず、真実を追求していきます。応援よろしくお願いいたします。

 

とちぎエネットです。

 

我家のキャベツはまだまだなので、農産物直売所でキャベツを買いました。

 

 

素晴らしくキレイなキャベツで、産地は群馬とあります。

嬬恋かな?

 

現在売られているものは、6月か7月ごろに植えられたものだと思います。

夏の暑い時期を乗り越えてできた貴重なキャベツ?

 

暑い時期は病気も出やすいし、虫にもやられます。

でも全くそんな痕跡もなし。

 

素晴らしい農業技術です。

我家のキャベツは孔だらけなのに・・・

 

 

これでも毎日何回も虫取りをしてるんです。

でも、やっぱり夜中に食べられてしまいます。

 

家庭菜園ならいざ知らず、手で虫取りをしていたのでは商売にならないことは確かです。

そのために農薬を使わざるを得ない。

 

一見まっとうな意見のようにも見えますが、果たしてそうでしょうか。

実は、無農薬でキャベツを作られている農家さんもたくさんいるのです。

 

と言っても、全体から見ればごく一部ですが・・・

 

大日向マルシェでも、どんな栽培法なのかは知りませんが、実に立派なキャベツを持ってきます。

もちろん値段は少し高めではありますが・・・

 

でも、やればできるのです。

 

殺虫剤で虫を殺してしまえば仕事は楽だし、消費者も気持ちよく買ってくれる。

万が一、殺虫剤をかけそこなって虫が出てきようものなら大騒ぎ。

 

当然返品だし、もしかするとブラックリストに載ってしまうかも知れません。

それが日本の市場です。

 

ただ、私は農家が好んで農薬を使っているとは思っていません。

お金はかかるし、撒いたときに自分が一番危険だから。

 

では、キャベツにかけた農薬がどうなっているのか。

水で洗い流せるのか。

 

実は水では洗い流せないのです。

なぜ?

 

流れないように糊がついているから。

雨などで流れないよう、効果が持続するよう、展着剤というものを農薬に添加して撒くのです。

 

だから水では落ちない。

 

キャベツの千切り

 

写真では分りにくいですが、表面に油のようなものが浮いています。

キャベツにこんなものがあるはずないのです。

 

自然は強靭です。

一度くらい殺虫剤をかけても、効力が無くなれば何度でも虫はやってきます。

 

だから何度も何度も殺虫剤をかけます。

 

私たちは生産現場を見ていません。

気にもしていません。

 

農薬の害はいろいろと議論があります。

自然環境に対しては、ミツバチや蝶が少なくなっている事実。

 

昆虫が死んでしまう薬が人間に害は無いのか。

微量だから大丈夫。

 

でも食べ続けていたら何らかの影響はあるのではないでしょうか。

後になってやっぱり問題がありました。

 

そんな事例は枚挙に暇がありません。

もう少し冷静に物事を考えてみる必要がありそうです。

 

医療技術が進んでいるのに、日本人の2人に一人が癌になる時代です。

また痴呆症になる高齢者も多くなりました。

 

昔はボケたなんて珍しかった。

いまや普通です。

 

おかしいと思いませんか。

欧米で禁止されている農薬が日本では野放し。

 

でも、行政がどうのこうのではなく、自らが考え行動しなければ健康は守れません。

 

少なくとも野菜は農薬を落としてから食べてください。

人生100年の時代を健康で生き抜くために。

 

ADパウダーは、ホタテ貝から生まれた天然の抗菌・洗浄剤です。

ぜひ使ってみてください。

 

ADパウダー 100g 1,250円

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
野の花が好きで、那須山を中心に八方ヶ原などを長年撮影をしてきました。定年後は、その経験を少しだけ生かして自然な生き方を模索しています。アップする記事は、そのほとんどが経験や実験に基づくものです。コマーシャリズムに流されず、真実を追求していきます。応援よろしくお願いいたします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO(とちぎe-net) , 2018 All Rights Reserved.