自然を使えば豊かになれる

さらに原油価格が高騰!光熱費削減対策を急がないと生活が脅かされる。

2018/12/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
自然環境、とりわけ山野の植物に興味があり長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感。真空管式の太陽熱温水器に出会ったことをきっかけに、製品の販売と設置を第二の職業にしました。地球温暖化阻止のため、ぜひ応援よろしくお願いいたします。栃木県大田原市在住。

 

とちぎエネットです。

 

またも原油価格が上がるニュースです。

もう嫌になりますが、早めに脱石油を始めないといつまでも翻弄されることになります。

 

原油価格、供給不足で25年に1.7倍 IEAが見通し

(朝日新聞DIGTAL)
国際エネルギー機関(IEA)は13日発表の世界エネルギー見通しで、各国政府が計画中の政策を実行すると想定した場合、原油価格は2017年の1バレル=52ドルから、25年に1バレル=88ドルと1・7倍になる見通しを示した。生産関連施設への投資の減少から20年代初めに深刻な供給不足が生じるおそれがあるとして、「価格が急上昇するリスクがある」と警告した。

過去3年間は原油価格の低迷で石油メジャーが投資を絞った結果、需要増を満たすのに、本来必要な生産プロジェクトの半分しか進んでいない。現在進む新規の生産プロジェクトだけでは、25年に1日あたり1300万バレルの供給不足が生じるおそれがあるという。

 

できるだけ早く脱石油を始めましょう。

 

そして、私の提案はいつもシンプルです。

 

  1. 太陽でお湯を沸かす
  2. 太陽で電気を作る
  3. 足りない分だけ買う

 

早めにこの三つを実行する。

これで熱も電気も半分以下になります。

 

みんながこれをやりだしたら石油会社や電力会社は困るでしょうね。

いい話ではないですか。

 

真空管式の太陽熱温水器でお湯を沸かす

 

ところで、太陽でお湯を沸かすのは真空管式の太陽熱温水器が最高です。

真空管採熱器なら寒い冬でも関係なくお湯が沸きます。

 

昔の太陽熱温水器温水器のことは忘れてください。

 

試しに、長さ60cmほどの真空管採熱器でお湯を沸かしてみます。

真空管には約1リットルの水が入ります。

 

天気が良ければ約2時間ほどで80℃を超え沸騰します。

凄いと思いませんか。

 

ミニ真空管採熱器でお湯を沸かす

 

こんな装置で簡単にお湯が沸くなら、これを生活に使わない手はありませんよね。

電気温水器なんて使うのはバ○です。

 

私は毎日のようにお湯を沸かしてお茶や料理に使っています。

たとえ天気がさほど良くなくても50℃くらいになれば、10℃から沸かすのとは大違いです。

 

経済性だけでなく時間も節約できるのです。

実際に沸騰する動画を添付しておきますのでご覧ください。

 

 

電気は100%を目指さない

 

電気は風力や水力発電もありますが、現状では太陽光パネルで発電するのが簡単です。

でも、無理をしない。

 

100%自家発電するのは、導入に費用がかかる上メンテナンスも自己責任になります。

よほど知識と技術とお金のある人ならいいでしょうが、私のよな貧乏人にはできません。

 

なので、ちょっとだけ太陽光パネルをつかって発電を始めましょう。

そうすれば電気の勉強にもなるし、節電にも役立つと思います。

 

太陽光パネル(上) 真空管式太陽熱採熱器(下)

 

太陽光パネルの設置はとても簡単で、以下のものを用意してください。

  • ソーラーパネル
  • チャージコントローラ
  • インバーター
  • バッテリー

 

チャージコントローラ(銀)、インバーター(青)、ディープサイクルバッテリー(黒)

 

ソーラーパネルは、使いたい機器にあわせ選択します。

詳しくない人は、ネットショップなどで調べてみてください。

 

私が写真の装置を購入した時にお世話になったのが、「蓄電システム.com」でした。

親切に教えてくれます。

 

バッテリーは必要な分だけ用意しなければならないので、たくさん電気を使う冷蔵庫や電熱器関係は除外しましょう。

照明、オーディオ、パソコン、その他の家電なら大げさな設備でなくても大丈夫でしょう。

ちなみにディープサイクルバッテリーは、少し高めですが耐久性に優れているようです。

 

チャージコントローラは、バッテリーの充電をコントロールするもので必需品です。

インバーターは、直流を交流に変換するもので、これがないと電化製品が使えません。

 

以上を用意すれば簡単に太陽光発電ができます。

最初はお試しでやってみましょう。

 

価格も数万円からあります。

 

電気なんてこんなに簡単にできるんだ。

そう思ったら、将来100%自給を目指しましょう。

 

エネルギーは買うものから作るものへ

 

近い将来、車はガソリンから電気自動車になるはずです。

太陽光や風力で電気を起こすことができるので、自宅で充電すれば良くなります。

 

熱も太陽だけでほとんど間に合ってしまいます。

足りない分は、石油でも薪でもペレットでも良いでしょう。

 

ちなみに、私は太陽熱で暖房もしています。

真冬でも暖房に使う灯油は20L/月程度しか使いません。

 

そして、夏はこの暖房用の採熱器を使ってお湯を沸かすので燃料代はほとんどゼロ。

 

電気の方は、風力発電を計画しています。

関東北部は風の強いところなので、音の静かな機器が見つかったらぜひやってみたいと思っています。

 

家庭用の小形で安い製品があれば嬉しいですね。

 

とちぎエネットは、太陽熱利用のご相談を承っています。

お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
自然環境、とりわけ山野の植物に興味があり長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感。真空管式の太陽熱温水器に出会ったことをきっかけに、製品の販売と設置を第二の職業にしました。地球温暖化阻止のため、ぜひ応援よろしくお願いいたします。栃木県大田原市在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO(とちぎe-net) , 2018 All Rights Reserved.