太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【注意!】腰や肩の痛みはマットレスの劣化が原因だった

2019/10/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
健康で穏やかな生活がテーマです。省エネの方法やDIY、家庭菜園、健康になるための方法などを書いています。1952年生まれ。栃木県在住。

 

とちぎエネットです。

 

私は人並みはずれて健康体だと自負しているのだけれど、実はここ数年は長時間立っていたり、庭仕事をすると腰が痺れてしまうことが多くなりました。

さらに、最近は腰や肩が痛くて朝ベッドから起き上がるのが辛い状況に・・・

 

ただ、起きてしばらくすると痛みは消えるので、原因は運動不足で筋力が衰えているのだろうとスクワットなどの筋トレや散歩などをやってきました。

しかし、全く効果なし!

 

これはなにか原因があるなと思っていたところ、BSのTVショッピングで健康マットレスを見ました。

説得力のある説明に思わず注文したくなりましたが、そこはちょっと我慢して現状を調べてみることに。

 

使っているベッドを確認すると、購入してから20年以上経つもののスプリングはまだヘタっていないようだが、気になるのはその固さ。

かなり固く弾力性が足りないような感じです。

 

購入当時を忘れてしまったけれど、もっと弾力性があったと思われます。

これまでは何の不満もなく使ってきたわけですからね。

 

最近特に気になっていたのは、腰や肩が痛くなるので就寝中何度も寝返りしなければならないこと。

また、仰向けに寝ると腕が痺れてしまうことがよくあるのです。

寝返りすれば治るので腕のどこかが圧迫されていのでしょう。

 

こんな感じで熟睡できていないから日中頭がぼんやりすることも増えました。

先日、ぼんやり車を運転していて一時停止違反で捕まったこともこれが影響しているかも知れませんね。

危ない危ない・・・

 

ここで体の痛みの発生の原因を考えて見ます。

1.ベットのスプリングが長年の使用(約20年以上)で弾力性が弱くなり固い感触になった

2.固いので寝心地が悪く長時間同じ姿勢で寝られない

3.寝返りをしても下側が圧迫され痺れる

4.痺れを解消するため頻繁に寝返りする

 

寝ぼけていて良く分かりませんが、たぶんこんな状況ではないかと思います。

 

マットレスは、見た目にはしっかりしており問題なさそうに見えます。

捨てるにはもったいないので、今回はとりあえず上に載せる薄いウレタン製のマットを買ってみました。

値段はそこそこしますが、これで傷みが解消できるなら安いもの。

 

 

なお、これはTVショッピングで毎日やっているものではありません。

どんなに良いものでも、あれほどの費用をかけて宣伝しているものが安く売れるはずが無いからです。

ただ、セールストークが素晴らしいのでつい買ってしまいたくなりますが、やはり他の商品も見比べてから買った方が無難です。

 

このマットレスの寝心地は、ふんわりとしたものですが柔らかすぎることはありません。

まだ5日ほどしか使っていませんがとても気持ちよく眠れます。

 

特筆すべきは目が覚めると必ず上を向いていること。

寝返りはほとんどしていません。

腰や肩の痛みは無いし、起き上がるのも楽になりました。

 

昔から無圧布団などがありましたが、個人的には必要性など全く感じませんでした。

しかし、ある年齢からは体の柔軟性が衰え、このようなものが必要になるのかも知れません。

 

気になるのは、これから暑くなるので蒸れないのかどうか。

ウレタンは断熱性の高い材質なので、通気性を持たせた特殊な構造になっているようです。

いまのところ良さそうでなのでたぶん大丈夫だと思います。

 

あと気づいたことは姿勢が良くなること。

目覚めた時に体が真っ直ぐですから、起きている時でも背筋が伸びるようになりました。

たかがマットレスですが侮れませんね。
 



この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
健康で穏やかな生活がテーマです。省エネの方法やDIY、家庭菜園、健康になるための方法などを書いています。1952年生まれ。栃木県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2019 All Rights Reserved.