太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【布草履】木綿の履き心地と耐久性に脱帽!

2019/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元農業土木技術者。農地、水路、道路などの測量設計から現場監督まで42年間携わりました。自然環境に興味があり、長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感し定年後は、環境製品の販売を第二の職業にしています。1952年生まれ、栃木県大田原市在住。趣味は写真、音楽、読書、DIY。

 

とちぎエネットです。

 

昨年の10月に布草履を買ったところ非常に感触が良く、また耐久性も十分あることが分りましたのでライフLABOで少量ですが扱うことになりました。

 

布草履は木綿の布で編み上げたものです。

男女兼用で、サイズは22cmと23cmの2種類。

 

なお、選ぶ際の目安としては23cmは足の大きさが26cmの人でも大丈夫です。

大雑把に言えば、よほど大きな足の人でなければどちらを買っても履いているとなじんで来ます。

 

7ヶ月使用した布草履

 

これは確か22cmだったと思いますが、26cmの私の足でも何の問題もありません。

買った当初は2・3ヶ月でダメになってしまうのかなと思っていたのですがさにあらず、色はあせてきましたが、まだまだ使えそうです。

 

でも、同じものを履いていると洗えないので2個目を購入しました。

 

サイズは23cm

 

今回はやや大きいので最初からジャストフィット。

耐久性については、洗いながら使うと数年は持つそうです。

 

スリッパなんて毎日使っていたら何ヶ月も持たないのではないでしょうか。

それを考えたら驚異的な耐久性ですね。

 

現代人は毎日長時間靴を履いています。

帰宅後、くつろぎの時間に足をリラックスさせることは本当に気持ちの良いものです。

もしかすると裸足よりも気持ちいいかも知れません。

 

でも、手作りのため一日何個もできませんから値段は安くはありません。

いや、この布草履は1,550円(送料・税込み)でかなり安いはずです。

 

ただし、3足しかありませんのでお早めにどうぞ。

ライフLABO>日用雑貨>布草履

 

この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元農業土木技術者。農地、水路、道路などの測量設計から現場監督まで42年間携わりました。自然環境に興味があり、長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感し定年後は、環境製品の販売を第二の職業にしています。1952年生まれ、栃木県大田原市在住。趣味は写真、音楽、読書、DIY。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2019 All Rights Reserved.