太陽熱利用で地球温暖化阻止!

【オール電化の愚】エネルギーは分散が基本、停電では何もできない。

2019/09/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元農業土木技術者。農地、水路、道路などの測量設計から現場監督まで42年間携わりました。自然環境に興味があり、長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感し定年後は、環境製品の販売を第二の職業にしています。1952年生まれ、栃木県大田原市在住。趣味は写真、音楽、読書、DIY。

 

とちぎエネットです。

 

今日は9月11日、台風15号の影響で千葉県が大災害になっているようです。

 

停電2日目の夜 生活に影響 今も50万軒超が…

 

 

 

日本は災害大国です。

毎年、どこかでこのような大規模な災害が発生しています。

それなのに、なぜかオール電化の家が増えている不思議な国、日本。

 

>「(今一番ほしいものは?)電気。早く電気が復旧するといいなと思います。電気がないとお湯も沸かないので」と話した。

 

もう2011年の東日本大震災を忘れたのでしょうか。

いや、対岸の火事と見て何も対策してこなかった?

 

人間、喉もと過ぎればなんとやら・・・

 

しかし、できるだけ電気を使わないで生活する方が、安心で安上がりなのを知ってますか。

ボタン一つで何でもできる電気器具は便利ですが、その分お金もかかるし、何といっても電気無ければただの箱なわけです。

私たちは電気の便利さに心を奪われ、自分の手でやること、考えることの楽しさを忘れてしまっていませんか。

 

私は東日本大震災をきっかけに電気の使い方を改めました。

電気でなければできないこと以外は、できるだけ別な方法を取るようにしています。

 

その一番大きなもの、やって良かったのは電気炊飯ジャーから土鍋にしたことでした。

東日本大震災の時も、数日間電気が来ないためやむなく土鍋を使ったのですが、これが簡単で美味しかったのです。

 

土鍋で炊いたご飯。

 

それまでは、土鍋なんて面倒で上手に炊けないものだと思ってました。

しかし、それは大きな間違いでした。

炊き方の手順

  1. 炊く1時間前くらいに米を研ぐ
  2. 水に浸しておく
  3. 所定の水を入れて炊く
  4. 3合で15分くらい(タイマーを使う)
  5. 10分くらい蒸す
  6. かき混ぜる
  7. 出来上がり

 

ざっとこんな手順ですが、実に簡単なわけです。

どうして、こんなに簡単に炊けるのに日本中が電気炊飯ジャーに一色になってしまったのか理解できません。

 

手間がかからないので、主婦の味方なんて言われたこともあったような気がしますが、それは嘘ですね。

電気炊飯ジャーで炊いても米を研ぐのは一緒。

炊いている時間はむしろ大幅に長いし、皆さんの好きなおこげなんて簡単にできません。

 

まぁ、そのことはさておき、土鍋が美味しいだけでなくコスパが最高なのかを説明します。

私は万古焼きの3合炊きを使ってますが、ホームセンターで約3,000円でした。

ネットだと更に安いですね。

 

 

最初は鍋物に使う大きい土鍋を使ってましたが、ホームセンターで3合炊きを980円で見つけたので、それを5年間使いました。

中国製でしたが、何の問題も無く美味しく炊けていました。

流石に5年も使うとヒビが入りましたので、少し高級な万古焼きのものにして3年経ちます。

 

最近になって少し縁がかけてしまいましたが、本体にヒビはないので少なくともあと2年は使えるはずです。

つまり、5年くらいを耐久年数とすると、3,000円で買いましたので一年で600円しかかかりません。

 

一方、電気炊飯ジャーはどうでしょうか。

我家では美味しいご飯が食べたくて5万円くらいのを買ってましたが、残念ながら流石に美味しい!と言うほどの感動はありませんでした。

もちろん1万円以下の安物もありますが・・・

 

 

ところで、電気炊飯ジャーの耐久年数はどのくらいでしょうか。

5年?10年?

 

5年で交換なら、5万円のものだと10,000円/年、10年持っても5,000円/年となります。

どうですか、桁違いに土鍋が安いことが分ります。

 

その分便利だからいいや、と思われるかも知れませんが、やることには差はほとんどありません。

 

いまや知る人は少ないですが、昔は竈(かまど)でご飯を炊いてましたので、ご飯が圧倒的に美味しかった。

当時は貧しかったので他の食べ物が無かったこともあり、お米の消費量も比較にならないほど多かったわけです。

 

もしかすると、近年、米の消費量が減り続けているのはご飯が不味いからではないでしょうか。

電気炊飯ジャーで炊くご飯は、テレビCMほどに実際は美味しくならないと私は思います。

 

いや、不味くはなくともパンの方が美味しいと感じてしまう。

炊きたてはまずまずとしても、保温してあったご飯は食味も悪いだけでなく、臭いもしますよね。

 

土鍋で炊くご飯を毎日食べていると、パンはおやつにしか感じなくなります。

それほどに、どんな美味しいパンよりもご飯の方が美味しいです。

 

やはり日本人はご飯です。

 

そして、ご飯を炊くのはやはりガス。

煮炊きはガスにしておけば、万が一災害が起きても100%ではないですが安心していられます。

 

備えあれば憂いなし。

エネルギーは分散が基本、電気だけで生活するのは愚かなことです。

 



この記事を書いている人 - WRITER -
nonofho
元農業土木技術者。農地、水路、道路などの測量設計から現場監督まで42年間携わりました。自然環境に興味があり、長年那須連山を写真撮影していました。その中で地球は確実に温暖化へ向かっていることを実感し定年後は、環境製品の販売を第二の職業にしています。1952年生まれ、栃木県大田原市在住。趣味は写真、音楽、読書、DIY。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とちぎ ライフLABO , 2019 All Rights Reserved.